ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】君の膵臓をたべたい あらすじからネタバレ結末。意味や犯人は誰?

【映画】君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

「食べていいよ」

とまどう僕に

あの日の君が微笑む

あらすじ

高校の同級生・山内桜良(浜辺美波)がひそかにつづる闘病日記「共病文庫」を偶然見つけた僕(北村匠海)は、彼女が膵臓(すいぞう)の病気で余命わずかなことを知り、一緒に過ごすようになる。彼女の言葉をきっかけに母校の教師となった僕(小栗旬)は、桜良が亡くなってから12年後、教え子と会話をしていた際に、桜良と過ごした数か月を思い出す。一方、結婚を控えた桜良の親友・恭子(北川景子)も、桜良との日々を思い返し……。

 

予告

 

キャスト

浜辺美波(山内桜良)

北村匠海(僕 / 志賀春樹)

大友花恋(恭子)

矢本悠馬(ガム君 / 宮田一晴)

桜田通(委員長)

森下大地(栗山)

上地雄輔(宮田一晴)

北川景子(12年後の恭子)

小栗旬(12年後の僕)

 

感想

泣けるというよりはほんわかとする映画でした。ラストはやっぱり泣いてしまったのですが。

 

この映画で甘酸っぱい恋と人との繋がり、生きるとこと大切さとか学べます。バイブルみたいな映画です。

 

キャスト陣が豪華なのですが、みんな役にあっていて、見やすかったです。とくに高校時代がメインで進むからこそ、キャストはしっかりしていて欲しいなぁっていう見る前からの想いを汲んでくれたかのようなピッタリの2人でした。

 

メインが「僕、私」と「君」という形で進んでいくので登場人物も多くなく、すんなり入ってきます。ただ桜良の話し方が嫌だという人も一定数いるだろうなあと。どこか芝居がかった、浮世離れしたような。

 

でもそれも、桜良が演じていたからこそなのではと思ってしまうんですよね。普段病気を隠しているわけですから、偽りのサクラを作らなきゃ行けないわけで。それを続けるうちにどこか浮世離れした感じになったのかなとも思えてくるのです

 

映画自体は老若男女誰でもがすんなり入っていきやすい作品です。定期的に金曜ロードショーで放映されるんじゃないかって思うくらいクリーンな映画でした。

 

 

 

ストーリーネタバレ

2017年の春、桐岡高校の国語教師である志賀春樹(僕)は人とはあまり接さず生きていました。職員室の机の中には退職願が入っており時分の進退について悩むことが多くなっていました。そんな校舎の建て替えがあるため図書室の本を図書委員の男子生徒と整理することになりました。

 

春樹は支所の資格も持っておりうってつけの役割だと言われ、図書室に向かいます。春樹は桐岡高校の卒業生で図書室自体には久しぶりに訪れました。すると教室にはかつてのクラスメイトである山内桜良がいたように感じ、図書室の奥に向かいますが図書委員の栗山が居るだけでした。

 

栗山は春樹がかつて図書委員で図書分類表を作ったと知り、かつてのことを聞きたがります。春樹にとっては昨日の事のように当時のことが思い返されました。

 

2005年、当時高校2年生だった春樹は桜良が「君の膵臓を食べたい」と言うのを冷静に突っ込みますが、桜良は言葉を続けます。

 

昔の人は、どこか悪いところがあると、他の動物の、その部分を食べたんだって。そしたら病気が治るって信じられてたらしいよ。

 

桜良はそのまま自分の本である「星の王子さま」を春樹に貸します。

f:id:k_pe_0325:20200225233410j:image

【映画】君の膵臓をたべたいより

 

春樹と桜良が親しくなったのは病院でした。もう町で入院していた春樹はロビーで一冊の本を見つけます。「共病文庫」と書かれている本の中身は誰かの日記でした。

 

内容は膵臓が悪くあと数年で死んでしまうことが書いてありました。「それ私の」と本を取り上げたのが桜良だったのです。クラスの人気者である桜良のもので春樹は驚きました。

 

そこから桜良は秘密の共有者として春樹と親しくなります。クラスメイトは今まで話したことも無いような春樹と親しげに話していることに驚きが隠せないようでした。

 

春樹は図書委員で1人で図書分類表を作っているのを桜良が手伝ってきます。ほぼ無理やり手伝ってくるものの、春樹はそれを拒否しませんでした。日曜に桜良に呼び出され街に出かけますが、それはまるでデートのようでした。

 

 

桜良はずっと行きたかったスイーツ店に春樹と行き、病気を知っても態度が変わらなかったからと春樹と親しくする理由を教えてくれます。「1番辛いのは君なのに他の誰かが代わりに泣いたりスるのはお門違いだと思うから。」と変わらない態度で春樹は言いました。

 

桜良には恭子という親友がいますが、もし病気のことを知って態度が変わったらと思うと言い出せないし、これからもひみつにするつもりだと桜良は言いました。

 

翌日春樹が登校すると昨日のデートが知れ渡っていましたが桜良は春樹のことを「仲良し君」なんだと誇らしげでした。

 

しかし恭子はなんでそんな根暗と不満げです。男子生徒は「ガムいる?」と笑いながら春樹に聞いてきたりします。

 

春樹は桜良にあまり近づかないでくれと頼みますが、桜良は辞める気はありませんでした。図書分類表を作るのも消極的な桜良です。「本だって宝探しみたいに探してもらった方が嬉しいでしょ」といいます。

 

桜良は共病文庫に書いた自分の願いを叶えるのを手伝ってくれといい、春樹を旅行に連れ出します。着いた先は九州で二人はラーメンやホルモンを食べ、太宰府天満宮でお祈りをします。ホテルは手違いにより同室になってしまいます。

f:id:k_pe_0325:20200225234457j:image

【映画】君の膵臓をたべたいより

 

 

桜良は未成年ですが飲酒を始めます。死ぬまでにしてみたいことの一つでした。2人はゲームをします。桜良が「私が死ぬのが怖いと言ったらどうする?」と聞いてきますが、春樹は言葉に詰まります。桜良は明るく弱音も吐かないのでつい病気のことを忘れてしまいますが、薬を沢山飲む桜良をみて、膵臓の病気が本当なのだと春樹は思い知らされます。

 

一緒に寝て欲しいと頼む桜良に春樹は願いを叶えることにしました。

 

恭子からの電話で2人は目覚めます。親へのアリバイ作りを恭子に頼んだものの、恭子は誰と行ってるのかを知らなかったからです。電話で問いただされるものの桜良は「いつかきっと説明する」と言います。恭子も不満げに「お土産を買ってきて」と頼むのでした。

 

電話を終えた桜良は「私が死んだら恭子をお願いね」といいます。

 

帰り道桜良は次の旅行を提案します。春樹もそれを承諾すると桜良は「君なら私のすい臓を食べていいよ。人に食べてもらうと魂がその人の中で生き続けるんだって。私、生きたい。大切な人の中で」と言うのでした。

 

現在の春樹は恭子の結婚式の招待状の返信を出せずにいました。あの時桜良に頼まれたものの、その約束は果たされていませんでした。恭子は花屋で働いていることも春樹は、知っていました。

 

高校時代、桜良は「いけないことをする」とリストに書いていました。桜良は春樹に迫りますが1度は断ったものの、勢いのまま春樹は桜良を押し倒します。すぐ我に返り桜良に謝り桜良の家を出ます。

 

家を出てすぐ桜良の元恋人であるクラス委員の浜家がいました。桜良の家から出てきた春樹に激昴し、春樹を殴り付け立ち去ります。普段の優しい浜家からは想像が出来ませんでした。

 

そのまま春樹は桜良の家で治療を受けながら自分達の出会いは偶然だったと言いますが桜良は「偶然でも運命でもない。私たちは積み重ねた選択の結果、自分の意思で出会ったんだよ」と言いました。

 

桜良が突然入院になり、恭子に疫病神だと春樹は言われます。恭子やクラスメイトには盲腸で入院していたことになっていました。春樹は学校帰りに見舞いに行きます。桜良から検査入院だと言われ春樹は安堵します。

 

君は先生になりなよ。教えるの上手いし」と桜は突然春樹にいいます。「私人を見る目はあるんだ」といいました。桜良はどうしても春樹と恭子を友達にしたいようで、春樹に強固に話しかける練習をさせます。その様子を恭子は病室の外から聞いていました。

 

恭子は春樹を呼び出し「桜良に何かしたら許さない。あの子は強がっているけれど本当は繊細なの。桜良は私がいじめられて孤立していた時に声を掛けて助けてくれた存在なの」と言います。春樹のことは桜良のストーカーだと思っていました。

 

春樹は恭子のことを桜良にいいますが、桜良はクラスメイトと仲良くしたらどうかと提案してきます。「私が死んだら共病文庫読んでもいいよ」と春樹に譲ることを約束しました。

 

深夜桜良から連絡が入り、こっそりと桜良に会いに向かいました。そこで春樹は桜良に「君にとって生きることって?」と尋ねると桜良は「誰かとこころを通わせること」と答えるのでした。

 

桜良は桜を見に行きたいと言い春樹は桜の名所を探します。いつもガムをくれる男子生徒が教えてくれ、春樹と男子生徒の仲は近づきました。

 

退院日春樹は桜良と桜を見る予定でした。春樹は桜良に対して「僕は君になりたい」とメールを作成しますが、どの表現もしっくりこず「君の膵臓をたべたい」と一言メールを送り桜良を待ちますが、待ち合わせ場所に桜良が現れることはありませんでした。

 

帰り道ニュースが飛び込んできました。それは桜良が通り魔に殺されたというものでした。桜良の葬儀はクラスメイトも参加しみな悲しんでいました。春樹はこんな形で桜良を失うなんて思っていませんでした。残された時間を全うできると思っていたのでした。

 

春樹はそこから1ヶ月ほど不登校になります。春樹は桜良の自宅に伺い手を合わせると桜良の母親から共病文庫を渡されます。春樹は共病文庫を読みます

 

日記には他愛のないことから、春樹のこと、病状のことが書いてありました。いつも元気に見えた桜良でもしんどい日々が書かれていました。また旅行に行きたい。今度は恭子もとも書かれていました。

 

桜良の母親から「ありがとう。あなたのおかげであの子はしっかり生きることが出来たのよ」と言われ春樹は涙が止まりませんでした。

 

現在の春樹は桜良との思い出を栗山に教えました。栗山は本に落書きがあると春樹に言います。その落書きは桜良が描くことの多かったスマイルマークでした。

 

その瞬間春樹は桜良が宝探しみたいにと言っていたことを思い出し、「星の王子さま」を手に取ります。そこには二通の手紙が入っていました。一通は春樹。もうひとつは親友の恭子に当てたものでした。

 

春樹はその瞬間駆け出していました。その日は恭子の結婚式でした。式場の控え室に向かうとウエディングドレスを着た恭子とその横にはタキシードを来たよくガムをくれていた青年が立っていました。

 

春樹は手紙を恭子に渡します。手紙には遺書と書かれており、桜良の病状や黙ってたことへの謝罪、春樹と仲良くして欲しいことが書いてありました。12年越しに春樹は「僕と友達になってくれませんか」と言うのでした。

f:id:k_pe_0325:20200225234700j:image

 

 

春樹への手紙には「春樹って読んでいい?前からそう呼びたかったんだ。あの深夜の病室で聞きたかったことは、どうして私の名前を呼んでくれないの?ってこと。だって春樹、私の名前を一回も呼ばなかったでしょ。最初からずっと君、君、君。ひどいよ。でもね、病院に忍び込んでくれた時、気付いたんだ。いずれ失うって分かってる私を友達や恋人、君の中の特別な誰かにしたくないんだって。でも私、そんな春樹に憧れてた。誰とも関わらないでたった一人で生きている、強い春樹に。私は弱いから友達や家族を悲しみに巻き込んじゃう。でもね、春樹はいつだって自分自身だった。春樹は本当にすごいよ、だからその勇気をみんなにも分けてあげてください、そして誰かを好きになって、手をつないで、ハグをして、うっとうしくても、もどろっこしくても、たくさんの人と心を通わせて私の分まで生きて! 私ね、春樹になりたい、春樹の中で生き続けたい、ううん、そんなありふれた言葉じゃだめだよね、そうだね、君は嫌がるかもしれないけど… 私はやっぱり、君の膵臓をたべたい。」と書かれていました。

f:id:k_pe_0325:20200225234524j:image

【映画】君の膵臓をたべたいより

 

春樹は辞表を出すことを辞め、生徒たちと向き合って行くことを決心したのでした。

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: Prime Video
 

 

 

考察解説

私なりの考えなどをかいてみました。

 

タイトルの意味は?

「君の膵臓をたべたい」っていうのは映画の最初と最後の手紙で出てきます。

 

1つめの意味は

 

昔の人は、どこか悪いところがあると、他の動物の、その部分を食べたんだって。そしたら病気が治るって信じられてたらしいよ。

 

と桜良が春樹に教えたシーンと

 

春樹と桜良がお互いに宛てた手紙の中です。

 

1つ目は

膵臓が悪かった桜良の迷信です。他の動物(他者)の膵臓を食べると治る

 

2つ目は

お互いがお互いになりたいという願望の表れ、

 

3つ目は

魂として相手の中に居続けたい

 

ですね。1つめはそのまんまの意味なので分かりやすいですが、2つ目は二人の仲が深まり、お互いのことがわかってきたからこそなのです。

 

春樹はクラスの中心人物であった桜良に憧れ

桜良は1人でも魅力的な春樹に憧れた。

 

お互いがないものねだりだったのです。2人で1人の人として完成するという意味があったのだろうなぁと。

 

通り魔の犯人は?

桜良の元彼が?と思ってたのですが、それは違うようでほんとにただの通り魔だったようです。

 

原作や映画の中でも特に犯人に関する記述はなく、通り魔の存在に意味があったのではなく、無事に寿命を迎えることが出来ると思っていたの、いとも簡単にいなくなってしまうということを伝えたかったのだと思います。

 

自分たちと全く関係ない人にこわされる日常ということだったんだと思います。

 

まとめ

どの年代の人が見ても感動できる作品です。誰が見ても楽しめる内容となっています。

 

恋と命と友情と全てが詰め込まれています。

まだあの時の二人の関係は恋とはいえなかったかもしれないけど、その時間がとてもかけがえのないもので、その時間が第三者に簡単に奪われてしまうという衝撃もすごいです。

 

金曜ロードショーとかで定期的に見たいですね