ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】百万円と苦虫女 あらすじからネタバレ結末 ラストの爽快感や名言の意味は?

【映画】百万円と苦虫女

百万円と苦虫女

百万円貯まったらこの家出ていきます!

 

あらすじ

就職浪人中の鈴子(蒼井優)は、アルバイトをしながら実家で暮らしていた。彼女は仲間とルームシェアを始めるが、それが思いも寄らぬ事件に発展し、警察の世話になる。中学受験を控えた弟(齋藤隆成)にも責められ家に居づらくなった彼女は家を出て、1か所で100万円貯まったら次の場所に引っ越すという根無し草のような生活を始める。

 

予告

 

キャスト

蒼井優
森山未來
ピエール瀧
佐々木すみ江
齋藤隆成
モロ師岡
笹野高史

 

感想

ずっと気になってた作品で、やっと見ました。2008年公開で今は煌めく役者さん達が沢山出ています。

 

映画自体は様々な場所に鈴子がいろんな人と出会うのですが、その都度雰囲気も変わるのですずこが主人公の短編集を見せてもらってる気持ちになります。鈴子の出会う人それぞれに個性があって、それぞれにいろんな思いがあって、鈴子もそれに気がついていく。そんな展開が心温まっていきます

 

ワタワタ進むような展開じゃなくてゆっくりゆっくり進んでいきます。たまにはこんな映画もいいなあって思わせてくれます。部屋でゆっくり暖かい飲み物を飲みながら見たくなる映画です。

 

終わりも鈴子の成長を見守れた気持ちになります。どこか切ないけれど、見ているこちらもそれが鈴子なんだと思えてくるんです。

 

それを演技する蒼井優さんがすごいです。ほんとにどこかにいそうな女性なのに色気があって、ほんとうに鈴子がそこにいると錯覚してしまうほどでした。それで森山未來さんは今は個性派俳優としてかっこいいですが、この時は本当に爽やかで優しそうで、ほんとにこんな人がいたらいいのにって迄思えました

 

自分のことを何も知らないところでリセットして生きていきたいって思う気持ちは結構わかります。誰も私のことを知らないからこそ、挑戦したいと思えることもある訳ですから。そこに知人や友人、家族がいるからこそ制限されることや息苦しく感じることもあると思うんです。

 

そういう部分も鈴子の心理とともに綺麗に描写してくれてるのでみてるこっちも、鈴子に感情移入がしやすいです。

 

もし自分が辛いこととか、何もかも投げ出したいとか持ごととか学校を辞めたいって思った時に見たいなあって。そしたらきっと元気も勇気も、またここで頑張ろうとも思えて来るかなあって。

 

ストーリーネタバレ

鈴子は就職浪人の結果フリーターになります。仕事先で出会ったリコと意気投合し、お互い自立したかったこともあり、ルームシェアをすることになりました。しかし、ルームシェアのメンバーにはリコの彼氏が混ざっており、嫌と言えない鈴子は了承してしまうのでした。

 

しかしルームシェア直前にリコと彼氏が別れてしまいリコは住まないことになったものの、何故か鈴子とリコの彼氏がルームシェアすることになってしまいました。そんなある日捨て猫を見つけた鈴子は拾って里親が見つかるまで家で買うつもりでしたが、リコの元彼が勝手に猫を再び捨てました。

 

急いで探しに行く鈴子でしたが、道路にはひかれて息絶えた猫がいました。怒り狂った鈴子は家に戻るとリコの元彼の荷物を全て捨て去りました。部屋を出て実家に戻りますが、鈴子の元へは警察が来ました。元彼の荷物の中に100万円が入っており、通報されていました。警察はリコの元彼と肉体関係があったのなら、刑事事件にならず痴情のもつれということで民事になると言われましたが、鈴子は正直に肉体関係はなかったと言いました。

 

その事で刑事事件になり鈴子は前科がついてしまいます。その事で両親からは腫れ物を触るように扱われ、中学受験を控えた弟からは、罵倒され続けます。そんな日々に疲れた鈴子は100万円が貯まったら出ていきますと家族に宣言します。そして百万円が貯まる事に引っ越していくことを心に誓いました。

f:id:k_pe_0325:20190706104614j:image

 

百万円を稼ぐためにアルバイトに精を出すのですが、スーパーで同級生に会うと、前科者だとからかわれてしまいます。腹が立った鈴子は同級生を突き飛ばします。

 

それをたまたま見ていたのは弟の拓也でした。拓也は学校でいじめられており、いじめっ子とは離れたいから受験するのだとすずこに言います。鈴子の行動を見て立ち向かうことを知った拓也は、もし引っ越しても手紙のやり取りだけはしたいといい、鈴子もそれを受け入れました。

 

ついに百万円が貯まった鈴子は海のある街へ行き、海の家でアルバイトを始めました。かき氷を作るのが上手くオーナーからも気にいられていましたが、そこへユウキという男性からアプローチを受け始めます。チャラいものの、意外としっかり者のユウキでしたが、鈴子はお金を貯めて海の家を出ていきました

f:id:k_pe_0325:20190706104627j:image

 

鈴子が次に訪れたのは桃農家での住み込みアルバイトでした。ももの収穫が上手いと絶賛され少し得意げな鈴子ですが、桃農家の長男の春夫はズカズカと鈴子の部屋に入ったり入浴中に声をかけたりと無神経でした。ある日農村が過疎化だからと若い鈴子に目をつけ桃娘として村の名物にしようと盛り上がります。鈴子は断りますが無理やりテレビの取材を来るようにしたりと村人は強引でした。しかしそこで鈴子は前科者だと皆に告白すると、一気に態度が代わり村人は攻めてきます

f:id:k_pe_0325:20190706104638j:image

 

しかしそれに怒ってくれたのは春夫でした。嫌がる人にさせるなんて言語道断で、今はインターネット販売だってあると村人を諌めてくれました。鈴子は辞めることになりましたが、最後に春夫は桃をプレゼントしてくれ、その桃をかじりながら鈴子は村を出ていきました

 

次に鈴子は東京に近い都市に住むことにしました。ホームセンターのガーデニングコーナーでアルバイトをしますが花の知識のない鈴子はミスばかりして叱られてばかりでした。それをいつもフォローしてくれるのが亮平という大学生アルバイトでした

 

ある日職場の飲み会に参加した鈴子でしたがみんなが身内ネタで盛り上がるのでついていけず孤独に過ごしていたところ、亮平が早く切り上げるといい、鈴子を連れ出してくれました

 

次の日街でたまたま亮平と会った鈴子は喫茶店に入ることに。そこで鈴子は自分の過去を話、百万円貯まったら転々としていることを亮平に話します。亮平は自分探しの旅かと聞きますが鈴子は「自分を探したくないから」というのでした。

f:id:k_pe_0325:20190706104650j:image

 

そのまま去る鈴子を亮平は追いかけ告白します。鈴子も嫌だとは思っていなかったため、2人は手を繋ぎながら帰ります

 

しかし、ホームセンターに宮本という亮平の後輩の女の子が入ってきて、親しげに話す二人を見て心中穏やかではありませんでした。そしてとどこか素っ気なくなった亮平にすずこは気がついていました。そしてその頃からお金の無心が始まりました。ことあることにお金を貸して欲しいという亮平。渋々ながら鈴子はお金を貸し続けていました。

 

ある日亮平と宮本が喫茶店でお茶をしているところへ遭遇します。そのお茶代すら鈴子に出してと頼む亮平にその夜鈴子は亮平に詰め寄りました。私が好きなんじゃなくて、私の持ってるお金が好きなんでしょうといい、何も答えない亮平に別れを告げました。

 

鈴子は帰宅すると弟の拓也からの手紙に気が付きます。いじめっ子に反撃をし、相手に怪我を負わせたこと、児童相談所のお世話になったことが書かれており、受験を辞めいじめっ子と同じ中学に通うとも書いてありました。鈴子が立ち向かった姿を見て拓也も立ち向かうと決めたのでした。鈴子はその手紙を読みながら泣いてしまいました。そして拓也に自分の足で立って生きていくと返信をしました

 

ホームセンターを辞めると告げに行くと、亮平は今までのお金を返してくれました。それを受け取り去っていく鈴子でしたが、亮平は宮本に鈴子にお金を貯めて居なくなって貰いたくなかったから借り続けたと言うのでした

 

宮本に背中を押され亮平は鈴子を負いますが、鈴子はドーナツを買っており駅にはまだいませんでした。もう居なくなったと思った亮平はきたくしました。すずこは遅れて駅につき、後ろを振り返り亮平が来ていないか確認し、「来るわけないか」と言うのでした。そして次の街に進むのでした。

f:id:k_pe_0325:20190706104701j:image

 

百万円と苦虫女

百万円と苦虫女

 

 

 

名言集

意外と多い名言たちを集めてみました

 

亮平「自分探し、みたいなことですか?
鈴子「いや、むしろ探したくないんです。どうやったって、自分の行動で自分は生きていかなくちゃいけないですから。探さなくたって、嫌でもここにいますから

 

ここが私は一番好きです。嫌でも自分ってあるんです。探しに行かなくたってここにあるんだと思わせてくれます

 

 

鈴子「人は出会うために別れるのだと思います

このセリフもなかなかいいなあって。出会ってばかりじゃなくて、その出会いのためには別れがあったりした訳ですから。延々と増えていくんじゃなくて、いつの間にか疎遠になって合わなくなる人もいるわけです。

 

どうして亮平はお金を借り続けたのか

百万円が貯まるとどこかへ行ってしまう鈴子を少しでもそばにいて欲しくてという感じでしょう。でもそれでもあんなふうに当てつけでする必要があったのか…

 

多分鈴子自身も亮平のことは好きだったので離れる心配はなかったのでしょうが、大学生ですもんね。駆け引きに失敗し、結果として鈴子はいなくなった。

 

まとめ

ほっこり進んでいくのにどこか切なくて、どこか元気が貰える映画です。

出会った数だけ別れもあったりして、それでも自分で進まなきゃ行けないんだよということを教えてくれます。

 

蒼井優さんの演技もとても自然で鈴子という女性がほんとにいるかのように思わせてくれます。百万円貯まったら出ていくのは理由に過ぎないんだなあって。

 

日頃何かに疲れた時にほっこりとしたい時にお勧め映画です