ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】永い言い訳 あらすじからネタバレラスト解説。原作は?妻を亡くした後に気付く愛

【映画】永い言い訳

永い言い訳

妻が死んだ。

これっぽっちも泣けなかった。

そこから愛しはじめた。

あらすじ

人気小説家の津村啓こと衣笠幸夫(本木雅弘)の妻で美容院を経営している夏子(深津絵里)は、バスの事故によりこの世を去ってしまう。しかし夫婦には愛情はなく、幸夫は悲しむことができない。そんなある日、幸夫は夏子の親友で旅行中の事故で共に命を落としたゆき(堀内敬子)の夫・大宮陽一(竹原ピストル)に会う。その後幸夫は、大宮の家に通い、幼い子供たちの面倒を見ることになる。

 

予告

 

キャスト

本木雅弘(衣笠幸夫/津村啓)

竹原ピストル(大宮陽一)

藤田健心(大宮真平)

白鳥玉季(大宮灯)

深津絵里(衣笠夏子)

 

感想

もっくんこと本木雅弘さんの演技がほんと輝いてます。あぁこんな人いるなぁって。

 

この映画は自分勝手な夫が妻をなくしたことから始まる映画です。いてもいなくてもいいと思っていたはずの妻だから泣けなかったけれども、妻のいた痕跡を辿ると、たくさんの出会いがあって、最後に妻の存在を感じることが出来て、あぁ本当は必要だったんだと泣いてしまいます。

 

妻が死んだからこそわかった自分の性格。それはいいものとは言えず、向き合っていくしかできないって感じですよね。

 

向き合っていきたいけど向き合うことが怖くて陽一家族にしがみついた幸夫。よっぽど陽一の方がいい男で、その心地良さに幸夫は離れがたくなっていくけど、その居場所が取られそうになり、自ら居場所を破壊する。ある意味それは自己防衛で傷つけられる前に傷つけて去っていく。

 

それは多分夏子にもしていた事だろうと簡単に思い浮かびますよね。自意識の塊だからこそ、他人の言葉にはずっと敏感だったんだと思います。だからこそ、未送信メールで妻の想いを知り、苛立ってしまうんだと思います。自分が優位だと思っていた夫婦関係は実は妻の方が何もかも諦めていたからなんだと。

 

この幸夫という人物を色々考えはじめたら、色んな箇所に自分に当てはまるところを見いだせるからこそ、この作品は見入ってしまうのではないかと思います。

 

 

 

 

 

ストーリーネタバレ

人気作家として様々なテレビからオファーが来る衣笠幸夫ペンネームは津村啓。

 

妻は美容師で経営者の夏子です。幸夫の髪の毛を切ってくれる夏子ですが幸夫は悪態をつきながら会話をします。幸夫は自分の名前が好きになれず、それでも夏子が「幸夫くん」と呼ぶのが気にくわなかったのです。

 

夏子が高校からの親友であるゆきとバスに乗って旅行に行きますが、翌日幸夫の元には夏子がバスの交通事故で亡くなったと警察から連絡が入りました。幸夫はその時不倫相手と共に夏子の訃報を聞くのでした。

f:id:k_pe_0325:20200427170105j:image

【映画】永い言い訳より

 

警察署で色々話を聞かれますが、幸夫は何も答えられませんでした。夏子が誰とどこへ行ったのかも、どんな服を着ていったのかも答えられませんでした。

 

遺体は山形で火葬し、骨壷だけで葬儀が行われます。人気作家である幸夫の妻が悲劇の死ということで沢山のマスコミが集まります。幸夫はそこで過去にコラムとして執筆した夏子との馴れ初めを語ります。涙は流れませんでした。

 

幸夫はバスの事故調査委員会の報告へ出席していました。一人の男性が調査委員会へ食ってかかってるのを幸夫は眺めていました。報告が終わり帰宅しようとする幸夫へ話しかけてきたのは夏子と共に旅行へ行き、共に亡くなったゆきの夫である陽一でした。陽一は泣きながら幸夫に共に闘う同士として握手を求めてきました。

 

帰宅すると幸夫の不倫相手が夏子への罪悪感で泣いていましたが、幸夫は気にすることなく抱こうとします。不倫相手は「先生は私のことなんか抱いていない。誰のことも抱いたことないんですよ」と言い立ち去っていきました。

 

陽一はテレビ番組の出演ばかりでずっと真面目に執筆活動をしてこなかったため、これを機に執筆したらどうかと編集者にせっつかれます。今回の事件の手記を書けといわれ取っ組み合いの喧嘩をしてしまいます。

 

陽一から亡くなった妻のことを話したいと連絡が入り、幸夫は陽一家族に会いに行きます。陽一は妻からの最後の連絡である留守番電話を子供と3人で聞き泣きながら過ごしていました。

 

陽一家族は陽一が長距離運転手であまり家に居られないので、ゆきが子供の面倒を一人で見ていましたが、ゆきが亡くなったため息子である真平が妹の灯の面倒を見ることになりました。いくら兄といいつつも、真平もまだ小学生でした。

 

真平は中学受験生のため塾に通っていましたが、灯の面倒を見るため辞めなければならないと幸夫は聞き、塾のある日は灯の面倒を見ると約束してしまいました。

f:id:k_pe_0325:20200427170140j:image

【映画】永い言い訳より

 

家事など何もしたことがなかった幸夫でしたが、なんとか子供二人との時間にも慣れてきていました。初めての体験ばかりで、子供のいない幸夫には新鮮でした。幸夫は陽一家族との間に流れる暖かい時間を大切に思い始めていました。

 

事故から数ヶ月が経ち、テレビの取材で作家津村啓としてのドキュメンタリーを撮ることになりました。最初は嫌がっていましたが、編集者から陽一家族と関わることは「逃避行動」だといわれます。そしていつかダメになると言われ、ドキュメンタリーを撮ることを了承させられました。

 

一方で幸夫は陽一家族と親交を深めており、4人で海へ出かけたりしていました。浜辺で陽一は「幸夫君がきてくれたのに、どうしてなっちゃんは居ないんだろう」と寂しそうに言います。

f:id:k_pe_0325:20200427170203j:image

【映画】永い言い訳より

 

夏子も亡くなる前は陽一家族と仲良くしていたからでした。幸夫は真平に「強い人は泣くんだ。つらい時につらいことを受け止めて、ちゃんと逃げずに悲しんで、ちゃんと泣くんだ」と教えました。幸夫は夏子が死んでから髪の毛を切って居ませんでした。

 

ドキュメンタリー撮影前日、幸夫は夏子の携帯電話を見つけ中を開いてみます。メールの下書きに「もう愛していない。愛の一欠片もない」という文面を見つけ、携帯電話を投げて壊してしまいました。

 

撮影の日夏子の事故現場に手を合わせに行くシーンで幸夫は「僕は妻の死と共にありたい」と言いますが、何かが切れてしまったように暴言を吐き連ねてしまいます。放送ではその部分はカットされました。

 

4人はワークショップに参加しますが、そこの女性講師鏑木は幸夫のことを知っており、ドキュメンタリーをみてさらに好きになったと言いますが、幸夫は冷たくあしらいその場を離れました。

 

しばらくして灯の誕生日パーティに幸夫は参加しますがそこにはいつかの女性講師の鏑木が居ました。鏑木の実家では子供の1時預りの事業をしており、そこへ灯を預けるのはどうかと鏑木は提案します。陽一は乗り気でしたが、幸夫は自分の居場所を奪われる気がしてつい暴言を吐いてしまいます。

 

売り言葉に買い言葉で陽一は「なっちゃんだって子供が欲しかったと思う」と言ってしまいます。幸夫は「自分の幸せの尺度で物事を測るな」といい、陽一の家を後にします。

f:id:k_pe_0325:20200427170318j:image

【映画】永い言い訳より

 

しかし陽一は幸夫を追いかけてきます。陽一と鏑木ができてると言い、妻を忘れるにはいい事だよと悪態をつき、更には自分は不倫をしており、夏子が死んだ時だってほかの女と寝ていたと「君とは全然違うんだよ!!」と叫ぶように言い去っていきました。

 

幸夫は手伝いにも行かなくなり、真平は以前のように灯の面倒を見るため、塾を休みますが、子供のできることには限界があり、陽一の家はどんどん荒れていきました。真平も父親に反抗し「お母さんは勝手に死んだ!お父さんのようにはなりたくない」と泣きながら言います。

 

一方で幸夫の生活も荒れ、無精髭を蓄え、テレビを見ていました。今まで自分が出ていた穴は他の若手作家に取られていました。チャンネルを回すと灯とよく見ていたアニメが流れ懐かしい気持ちになるのでした。

 

ある日幸夫の元へ電話が入ります。内容は陽一が事故にあったというものでした。幸夫は急いで陽一の自宅へ行き、不安そうな灯を鏑木の元へ預け、真平と共に病院へ向かいます。真平は心の内を幸夫に語り、幸夫もそれを励まし続けました。幸いにも陽一に大した怪我もなく、幸夫は1人先に帰ります。

 

事故から気づいたら1年がたっていました。幸夫は意を決したように美容室へいき、髪の毛を切り「永い言い訳」という本を出版します。出版パーティには陽一家族も招待しました。真平は中学生に、灯も小学校入学していました。

 

幸夫はパーティで灯から写真を貰います。そこには事故に遭う前の笑顔の夏子と陽一の家族が写っていました。幸夫は初めて夏子に触れられた気がしました。そして自然に涙が溢れ出ました。

f:id:k_pe_0325:20200427170034j:image

【映画】永い言い訳より

 

 

幸夫は夏子が使ったハサミなどを片付けていました。自分の気持ちに整理がついたら幸夫は晴れ晴れとした気持ちでした。写真立てには灯から貰った写真が置いてあるのでした。

 

タイトルの意味

永い言い訳って長いという漢字ではなく、永いって漢字なんですよね。

 

それは20年という夫婦の時間を蔑ろにしてきた幸夫の弁解なんだと思います。妻が死んで泣けず挙句の果てには不倫までしていた幸夫はずっと心のどこかで妻が死んで泣けない自分に自分で言い訳を重ねていたんだと思います。

 

初めて陽一家族との関係が壊れそうになった時、しがみついていたものが壊れそうになって始めて、言い訳が成り立たなくなってしまい、関係性を壊すという暴挙に出た幸夫です。自己中心的で自分のために周りが回っているとさえ思っていたと思います。

 

映画の内容が永い言い訳で構成されているという意味と本のタイトルという意味があると思います。

 

だけど全てを受けいれた幸夫の本は言い訳の内容ではなく、初めて触れた妻への愛の言葉に溢れていたんじゃないかなって思います。

 

まとめ

どこか綺麗な映像とは裏腹に幸夫という人物が詰め込まれており、見入ってしまいます。

 

失ってから気がつくんではなく、失って1年が経ちやっと妻という存在を受けいれ泣けた幸夫はこれからどういうふうに生きていくんだろうとおもってしまいます。

 

失ってから始まる映画というのもいいものだとおとえました。誰しもが当てはまることを持った衣笠幸夫という人物を見た時、共感が出てくるのが監督の凄さを思い知りました

 

本木雅弘さんの演技力にただただ圧倒されます。