ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】英国王のスピーチ あらすじからネタバレ結末。ジョージ6世の吃音とライオネルと家族の実話

【映画】英国王のスピーチ

英国王のスピーチ (字幕版)

英国史上、最も内気な国王ジョージ6世

 

あらすじ

幼いころから、ずっと吃音(きつおん)に悩んできたジョージ6世(コリン・ファース)。そのため内気な性格だったが、厳格な英国王ジョージ5世(マイケル・ガンボン)はそんな息子を許さず、さまざまな式典でスピーチを命じる。ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ矯正の専門家ライオネル(ジェフリー・ラッシュ)のもとへ夫を連れていくが……。

引用元Yahoo映画より

 

予告

 

 

キャスト

コリン・ファース
ヘレナ・ボナム=カーター
ジェフリー・ラッシュ

 

感想

私はゾンビ映画やアクション映画を見て一日をダラダラ過ごすためにNetflixに登録しました。

だいたい見たかった映画を見て終わり、面白いのないかなーーと探しているとあったのが英国王のスピーチ

 

元々家でコーギーを長年飼っていることもありコーギー=イギリス、ロイヤルドッグと思っており、イギリス王室系はよくコーギーが出てきたりするので好きでみていました。なんとなーくジョージ6世とか知らないけど、コーギー出てくるかなと期待して再生しました。

 

感想としては

 

おもしろい!!

 

別に国王が実は裏稼業で悪を懲らしめまくるとかじゃないです。

本当にあった吃音の国王の物語です。それでも話に盛り上がりがありみていて面白いのです。

 

吃音は誰しもが持って生まれてくるかもしれないし、何かしらの原因で患うかもしれないものです。それをもし国家の王様が持っていたら。それは吃音の人達に勇気を与えるものにもなっていたと思います。

 

ジョージ6世の苦悩やそれを支えた家族やライオネル、その関係性がほんとに好きです。国王に関われるなんて栄誉なことかもしれませんが、ライオネルは友人のように彼のことをささえていきます。その関係性も素敵に思えてくるんですよね。

 

立場上逃げることが出来ない国王とそれを支えた人達とそれと向き合う国王のストーリーです

 

ストーリーネタバレ

ジョージ6世はまだ王様ではありません。王位継承権は兄が第1位で、自分は関係ないと思っていました。ジョージ6世には吃音がありどもってしまうのです。国王として人前に立つことはないと思っていました

 

それでも王室関係者として出向きスピーチをする必要があったため憂鬱な気持ちでした。。吃音があるためジョージ6世の父であるジョージ5世は厳しく人前でスピーチをさせることでそれを克服させようとします。それでも吃るジョージ6世は叱責をくらいます。

 

ジョージ6世は吃音を治したいとも思っておりいろんな専門家にかかるものの、結果が出ず困っていました。

 

ジョージ6世の妻であるエリザベスはスピーチ矯正の専門家であるライオネルを新聞で見つけ、治らないと塞ぎ込むジョージ6世を説得し、ライオネルの所に行くのですが、友人のように接するライオネルに嫌気が指し帰ると言います。

 

最後にと言われ、大音量の音楽の流れる中音読しろと言われ嫌々ながらも音読をし、その録音CDを手に帰りました。帰宅5CDをきくと、スラスラと話す自分の肉性にジョージ6世は驚きを隠せませんでした。

 

ジョージ6世はライオネルの元へ妻エリザベスと通い始めました。次第に打ち解けていく2人、するとジョージ6世はいままで人に話せなかった自分の兄へのコンプレックス、幼少期の乳母からの虐待等、ライオネルに話すようになるのでした。ジョージ6世がライオネルに心を開いた瞬間でした。

 

f:id:k_pe_0325:20181030173114j:image

引用元 

(C) 2010 See-Saw Films. All rights reserved.

 

父であり国王であるジョージ5世が亡くなりました。ジョージ6世は兄である、エドワード8世がいるので自分は王になることがないと安堵していました。現に兄は王位を引き継ぎました。がそれからしばらくして、エドワード8世は離婚歴のあるアメリカ人女性ウォリスと結婚するために、周囲の反対を押切り王位を退きました。次の国王に選ばれたのは王位継承権2位のジョージ6世でした。

 

ジョージ6世は元々内気な人物で、自分には出来るわけないと思っていました。ライオネルに八つ当たりのような喧嘩をふっかけ、2人は喧嘩別れをします。後日あった王位継承の評議会のスピーチを吃音で吃ってしまい、失敗に終わってしまいます。。ジョージ6世はライオネルに謝罪し、2人は仲直りし戴冠式に備えることとにしました。戴冠式は無事終えるのでした。

 

国王になりしばらくして、ナチス・ドイツがイギリスに対して宣戦布告し、第二次世界大戦が始まりました。ドイツではヒトラーが饒舌にスピーチをしています。それを見てジョージ6世は驚きました

イギリス国民は王の言葉を待っていました。ジョージ6世はラジオ放送で国民に向けて国民と戦う兵士を勇気づけるスピーチをする必要がありました。

これは全国民が待っているとても重要なスピーチになります。緊張するジョージ6世ですが、ライオネルがそばにおり、吃音が嘘のようにスピーチをすることが出来ました。

そのスピーチをラジオで戦場の兵士、耐え忍ぶ国民が聞くのでした。スピーチは無事成功。

そのあとジョージ6世はバルコニーから妻と手を振りその姿を見守るライオネルでした。

 

英国王のスピーチ (字幕版)

英国王のスピーチ (字幕版)

 

 

解説

この映画のことやジョージ6世のことを調べて見ました。

 

私的お気に入りシーン

一番好きなのはジョージ6世が王になることが決まった時の妻エリザベスとの会話。

 

突然王になることが決まったので執務室で書類を見て仕事に早く慣れようとするジョージ6世の部屋に訪れたエリザベスとの会話です。(青文字がジョージ6世赤文字がエリザベス)

f:id:k_pe_0325:20181030223835j:image

引用元 公式動画よりhttps://youtu.be/uS3SWKfQZh0

「これは、戴冠式の式次第……

うぅ、こんなのは間違ってる。私は王じゃない。」

「泣かないでアナタ」

「私は海軍士官でしかない。国王なんかじゃない。すまない。情けない」

「いいの。そんな事言わないで。あなた…かわいそうに。私の大切な人。

「すまない…」

「実はね、私がプロポーズを2度断わったのは愛してなかったからじゃないの。王族の暮らしがイヤだったの。毎日公務に明け暮れて自分の生活がなくなってしまうから。でも思ったの。“素敵な吃音幸せになれそうって”」

 

この二人の会話!!!なにこれ!!夫婦って凄ない!?私だったら急に王女になれと言われても多分納得出来ないだろうし、配偶者を慰めたりもする器もない。

でもこのふたりだからこそ乗り越えて来れた物語なんだろうなと思うととても羨ましくもなります。

 

この映画はただの歴史映画ではなく、夫婦の愛や友情、ジョージ6世の王への成長がきちんと描かれており、とても面白いです。

 

仕事などで疲れた時に見たりするとほっとするというか、ああ私も頑張らなきゃと勇気がもらえます。

 

ジョージ6世の人生

ジョージ6世は次男ということもあって陰に隠れていたと言っても過言ではありません。兄が宗教上や立場上難しい相手と恋をし、結婚するために王位を退いたために得た王位でした。

 

ジョージ6世の在位は第二次世界大戦や大英帝国解体の危機、アメリカとソ連の2大地位の確率によりイギリスの失墜など様々なことが起こりました。

 

そして在位中に56歳の若さで亡くなりました。死因は冠動脈血栓症だったようですがそれまでにガンなども患ったりしていたようです。

 

妻のエリザベスは101歳まで生きました。

 

まとめ

多数の賞を得たこの映画、納得のストーリーになってます

吃音で悩んでる人は多数いると思われています。そんな人達に手を差し伸べてくれるそんな映画です。

 

国王だってただ一人の人間だとわかります。