ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録です。ネタバレ有りです。映画のストーリーから生活のあれこれまでゆとり視点でピックアップ!

【映画】硫黄島からの手紙 あらすじからネタバレ解説結末。闘いの時代背景の考察

【映画】硫黄島からの手紙

硫黄島からの手紙(字幕版)

届けられなかった数百通の手紙

彼らはそこに、何を託したのか

あらすじ

2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。 
戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立った。
硫黄の臭気が立ち込め、食べ物も飲み水も満足にない過酷な灼熱の島で掘り進められる地下要塞。このトンネルこそが、圧倒的なアメリカの兵力を迎え撃つ栗林の秘策だった。最後の最後まで生き延びて、本土にいる家族のために一日でも長く島を守り抜け―。「死ぬな」と命じる栗林の指揮のもと、5日で終わると思われた硫黄島の戦いは36日間にも及ぶ歴史的な激戦となる。
61年振りに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされて行く…。

【ワーナー公式】映画(ブルーレイ,DVD & 4K UHD/デジタル配信)|硫黄島からの手紙

 

予告

 

キャスト

渡辺謙(栗林忠道)

二宮和也(西郷昇)

加瀬亮(清水洋一)

中村獅童(伊東海軍大尉)

谷田陸軍大尉(坂東工)

 

感想

終戦の日が近付くと見なきゃ行けないという気持ちにされる映画です。最初に見たのは父親たちの星条旗という映画でした。

 

あまり太平洋戦争を扱った作品は見てきませんでした。とくに外国が作った作品では、日本を倒すための無双的な行為がある気がして…たまたま借りてみた父親たちの星条旗には驚きました。脚色もなく硫黄島での闘いが描かれていました。戦いが終わってもまだ苦しみ続ける人達。そういったものがきちんと描かれていて、胸が苦しくなりました。

 

調べてみると日本側からの視点ということで硫黄島からの手紙と出会いました。監督はまったく同じであの時あの硫黄島で起こったことをきちんとみて、再現して演じているのがわかりました。

 

彼らの守る一日には意味があって、だからこそ今私たちが生きていて。そう思うと苦しくなりました。

 

この作品にはやはり賛否両論あるみたいで、あんなに和やかにしていなかったや、兵士たちの肉付きが良すぎる、色が白すぎるなどの意見もあるみたいです。

 

でもそういう所じゃなくて、どんな想いで闘いぬいていたのかそういう所がきちんと描かれている映画でした。鬼畜米兵といっていたものの、蓋を開ければ同じ人間で故郷に家族がいて。迫り来る業火に逃げることなく特攻していく姿を見て、彼らのおかげで今があるということを絶対に忘れては行けないと思い知らされる作品でした。

 

ストーリーネタバレ

2005年硫黄島で探索中の人達が血中から何かを掘り起こします。慎重に掘り起こした麻袋の中身は…

 

1944年、硫黄島では兵士たちがシャベルで穴を掘っていました。照りつける太陽と硫黄の匂い、食料不足により皆疲れた顔をしています。

 

西郷昇陸軍一等兵はこの穴は自分の墓穴なんじゃないかと思う程でした。その穴は塹壕になり、アメリカ兵達が攻め込んできた時のためのものでした。硫黄島は絶対に死守しなければならない場所でした。その島が落ちてしまうと基地が作られ、日本への空襲が増えてしまうからでした。

 

そんなとき本陣営から栗林忠道中将が硫黄島の兵士たちを纏める長として配置されました。かれは筆まめで日本に残してきた家族に手紙をいつも書いていました

f:id:k_pe_0325:20190809152635j:image

WarnerBros./Dreamworks/Photofest/MediaVastJapn

 

穴を掘るのに疲れた西郷は冗談で仲間たちに「こんな島くれてやれ」と言いますがそれを上官にみつかり、鞭打ちをされそうになっている所をたまたま通り掛かった栗林中将に「体罰は辞めるように。いい上官はムチだけでなくアタマも使う」といい、西郷のむち打ちはなくなりました。

 

塹壕掘りなどは無意味で体力を削るだけだと栗林中将はその日の作業を終わらせました。なにより兵士たちのことを考えてくれる上官でした。兵士たちも栗林中将のことは信頼しており、アメリカ兵のことをよく知っているから戦い方も知っているんだと話す程でした

 

栗林は腰にいつも同じ拳銃を下げていました。その拳銃は昔アメリカ留学をした際に友人から送られたもので、大層大切にしていました。アメリカ留学をしたからこそ、アメリカの脅威や火力の大きさを知っていました。適う事がないと分かっていながらも日本のために、国民のために栗林中将は硫黄島にやってきました

 

作戦司令部で作戦を練る栗林中将ですが、海軍と陸軍の連携が不可欠でしたが、陸軍からは拒否されてしまいます。栗林中将の考えは同じ海軍内からでも不満があり、「陸地上がりはあんなもんだ」と陰口を叩かれていました。

 

翌日西郷は家族への手紙を出しますが、毎回奥さんの名前で出すため、検閲に通らないぞと言われてしまい、何か細工をされてしまいます。その後、射撃訓練でしたが西郷はどうしても的に当てることが出来ず叱責されてしまいます。

 

硫黄島には民間人も残っており、その集落に故障した戦車が止まったままでした。1か月前から壊れていましたが、部品が届かず修理できていたなかったのです。硫黄島では猛烈な戦闘は避けられないため栗林中将は島民を本土に戻すことにしました。その後でも栗林中将は1人で島の各地へ偵察にいき、作戦をねっていました、

 

西郷は家族への手紙で西竹一中佐のことを書いていました。オリンピックで金メダルを撮った彼は愛馬と共に来ており、有名人なことや人格者ということもあり兵士たちから慕われている人物でした。

 

栗林中将と西中佐は硫黄島について話します。ここが取られれば本土上陸の足がけにされてしまうために守らなければならないが、戦力の差は圧倒的であると。

 

栗林中将は考えた結果塹壕掘りではなく、地下要塞をつくることにしました。海岸の塹壕では無駄に死人がでるが、地下要塞なら必要最低限に抑えられ、アメリカ兵を隠れながら撃つことができるのです。しかし上層部のなかには海岸線を捨て地下に逃げ込むなど卑怯者がすることだと言うものもいました

 

新しい兵士達も硫黄島に配置されました。憲兵隊だった清水洋一陸軍上等兵もやってきました。憲兵隊ということで清水のことを西郷たちは面倒なのが来たといやがります。しかし、憲兵隊から兵士への移動とは降格としか思えず、噂の的にもなっていました、

 

翌日西郷は仲間と話しながら徴兵される前は妻とパン屋をしていたと話します。金属がどんどん回収され、パン屋も出来なくなってしまった頃に徴兵されたと言います。そのとき妻は子供を身篭っており、その子供と会うことも出来ずに硫黄島にやってきました。西郷は家族に会いたくて仕方ありませんでした。

f:id:k_pe_0325:20190809152726j:image

WarnerBros./Dreamworks/Photofest/MediaVastJapn

 

地下要塞は順調に掘り進められていました。栗林は圧倒的に兵力が足りないと応援要請を出し続けていました。栗林中将は応援要請の紙を描き体を壊していた海軍少将に渡します。そして内地でゆっくり休めろと言います。少将は地下壕なんて無駄で潔く戦い散るべきだといいますが、栗林中将は「我々は一日でも長くこの島を死守しなければならない。最後の一人になろうとも。我々の子供が日本で一日でも長く安泰にくらすために!!我々が守る一日には意味があるんです!」といいました。

 

訓練では米兵廃止が弱く戦場になったらにげると兵士たちには教えていました。そんなころアメリカ兵の空襲が硫黄島を襲います。その空襲で西の愛馬も亡くなってしまいます。1度の空襲でたくさんの被害を受けた日本軍。たくさんの死傷者がでました。西郷の1番仲良かった兵士も亡くなっていました。皮肉なことにこの空襲で地上より地下が安全だと証明されました

 

夜でも続く砲撃に皆地下壕で過ごしていました。なんども船から打たれる大砲にみな眠れず気が狂いそうでした。栗林中将は家族に手紙を書いていました。妻だけでなく幼い子供に向けてかいていました。そしてアメリカの大艦隊かまサイパンを出て硫黄島に向かっていました

 

栗林中将は兵士を集め士気を高めます。硫黄島の重要性を説き、最後の一人になるまで闘い抜けといいます。「生きて祖国の地を踏めないものと覚悟せよ天皇陛下万歳!」と言います兵士たちは次々に万歳をするのでした。その夜兵士たちはそれぞれ家族へ手紙を書いたり、届いた手紙を読み返したりと祖国へ想いを馳せていました。栗林中将もその1人でした。

f:id:k_pe_0325:20190809152822j:image

WarnerBros./Dreamworks/Photofest/MediaVastJapn

 

翌日から大量の飛行機による爆撃が始まりました。地下壕ではトイレが山盛りになっており、西郷は上官に命令され爆撃が続く外へ捨てに行かなければならなくなりました。外で見たものは大量の艦隊と砲撃を続ける船や飛行機でした。あわてて中へ西郷は戻りました

 

アメリカ軍はどんどん進行してきました。気休め程度にあった海岸線はあっという間に鎮圧されたのです。どんどん上陸をしてくるアメリカ兵に日本兵はどんどんやられて行きます。数で圧倒的な差がありました。

 

目の前でさっきまで話していた兵士が死ぬ状況に西郷は気が動転してしまい、上官に叱られてしまう有様でした。

 

皆がどんどんやられてしまい、自決をするものも続出しました。栗林中将は自決はするなと停めますが上官達は何人も自決していきました。西郷の前でもみな自決していきます。しかし残ったのは憲兵隊の清水でした。どうしても手榴弾を使えませんでした。西郷と清水はほかの部隊へ合流することにしました。

 

伊藤大尉の部隊と合流したものの、摺鉢山から逃げてきたのかと殺されそうになるものの、ここでも西郷は栗林中将にたすけられました。伊藤大尉は栗林中将に戦えと言われたものの、元から反発心を持っていたため、そのままアメリカ軍に特攻していくことにしました。たくさんの部下を連れて。伊藤大尉はたくさんの仲間が死んでいき、自分は地雷を持ち死体の振りをしていました。アメリカ兵諸共吹っ飛ぶつもりがアメリカ兵は来ず、そのまま伊藤大尉歩いて立ち去りました。

 

特攻をせずに西郷と清水は西中佐と共にいました。アメリカ兵が地下壕に落ちてきた時、皆は殺す気でしたが西中佐は英語を流暢に話し、彼を手当しました。清水はどうして憲兵隊だったのに硫黄島にきたのか西郷にかたります。

 

憲兵隊のとき犬の鳴き声がうるさい家庭があり、上官に殺せと命令されたのに、家族が犬を殺さないでくれと泣くものだからみのがしたのだが、上官と去る時に再び犬が泣いてしまい、命令に背いたことがバレてしまった。上官は犬をそのまま殺し、清水はそのまま左遷になったと言いました

f:id:k_pe_0325:20190809153310j:image

WarnerBros./Dreamworks/Photofest/MediaVastJapn

 

翌日アメリカ兵はそのまま息を引き取っていました。アメリカ兵の胸からは故郷の母親からの手紙が入っており、それを読むとみな故郷に想いをはせていました。しかし束の間の時間も過ぎ、再びアメリカ軍からの砲撃がはじまりました。様子を伺ってい西中佐は目が傷つき見えなくなったなしまいました。周りの兵士たちが心配する中、食料を全て持たせ、自分を置いて皆を先に進ませます。そして背後からは銃声が聞こえるのでした。

 

西郷達の部隊はそのまま栗林中将と合流し、摺鉢山が落ちたことを報告しました。清水はアメリカ兵は鬼畜だとおもっていたが、自分達と実は同じだというのを知り、戸惑っていました。清水はそのままほかの兵士と脱走し捕虜として捕まりに行きます。アメリカ兵に捕えられた清水たちはこれで生きて帰れると安心しますが、1部の米兵たちに、足でまといになるところされてしまいました。

 

西郷は水を持って栗林中将のもとへ行き、今までに2回命を助けられたといいます。すると栗林中将は二度あることは三度あるといい、もし私の死体を見つけた時は埋めて欲しいと西郷に頼むのでした。そしてその夜西郷も栗林中将も家族に手紙を書いていました。

 

そして迎えた最終決戦の日、西郷に栗林中将は機密事項を燃やせと命令し西郷はどんどん燃やしていきます。しかしどうしても、兵士たちの手紙だけは燃やせませんでした。そしてそのまま土にうめました。その頃、栗林中将は兵士みなをあつめ、最後の一人まで闘いぬけどいいました。暗闇の中、特攻が始まりました。みなどんど撃たれ、栗林中将ですら重症を負いました。

 

そんななかアメリカ兵が地下壕を探っていると伊藤大尉が1人寝ていました。そのまま捕虜に捕まったのでした

 

栗林中将はもうダメだと思い、部下に介錯を頼みます。部下が軍刀を振り上げた瞬間、そのまま部下は撃ち殺されてしまいました。そこへシャベルを持った西郷が息も絶えそうな栗林中将を発見します。栗林中将は「誰にもみつからぬよう埋めてくれ」といい、遥か向こうの日本の方を見つめます。そしてアメリカの道を走る夢をみます。

 

ここはまだ日本か?

はい。日本であります

 

そう西郷とはなすと、大切に持ってい拳銃で自決しました。西郷はそれを見守ることしか出来ませんでした。そして栗林中将の遺体を引きずっていきました。

 

アメリカ兵が当たりを警戒していると軍刀や栗林中将の拳銃が落ちているのを見つけ興奮しています。西郷が1人シャベルを持ってフラフラとやってきます。正気を失っているようで、ただ1人歩いています。アメリカ兵の腰に栗林中将の拳銃を見つけ、狂ったようにシャベルを振り回し攻撃をしてきます。そのまま後頭部を殴られ目が覚めた時にはアメリカ軍艦で捕虜として捕まっていました。夕日は真っ赤に輝いていました。

 

2005年発掘調査をしている人達が穴を掘って見つけたのはボロボロの麻袋でした。古くなったそれは破れ、中身がおちてしまいます。たくさんの届かなかった手紙が散らばっていくのでした。

 

硫黄島の戦いとは

硫黄島の戦い(いおうとうのたたかい、いおうじまのたたかい、Battle of Iwo Jima, 1945年2月19日 - 1945年3月26日)は、太平洋戦争末期に東京都硫黄島村に属する小笠原諸島の硫黄島において日本軍とアメリカ軍との間で行われた戦いである。

Wikipediaより

 

栗林忠道中将

戦略家として後世においても評価されている人物である。優れた軍人であるとともに、マメな性格で頻繁に家族への手紙を出していました。

絵手紙をよく子供たちに出し、妻には家庭の細かいところまで心配する内容を書いていました。

 

最終決戦のとき、腕章などは全て外し軍刀で仲間たちと特攻して行ったとされています。その最後は様々語られているようです。遺体は発見することが出来ず、今も硫黄島に眠っているとされています

 

西竹一中佐

オリンピックで金メダルを取ったこともある人です。愛馬のウラヌスを大切にしており、映画と違うのはウラヌスは東京にいました。

 

趣味が多彩で同じ兵士からもとても慕われていたそうです。部隊と別れた兵士も積極的に受けいれともに戦おうと鼓舞したようです。負傷したアメリカ兵を助けたりと人情家としての1面もあったようです。

 

最期は様々な言われがあるようです。

 

愛馬のウラヌスも西中佐が亡くなった三日後に亡くなったようです。西中佐は死ぬまでウラヌスのたてがみを持ち続けており、今もそのたてがみは収められています

 

死者数

戦力としては約2.2万人が硫黄島にいたようです。戦死者は1.7-1.8万人と言われており、それよりも多いと言われたり少ないと言われたりと様々な論争があるようです。

 

生きて帰れた人の方が圧倒的に少なく、捕虜としても1000人程度だった様です。

 

生きて帰れることがほぼなかったとされています。

 

生存者

日本が負けたあとも生き残った兵士たちは地下壕に隠れていたとされます。勧告をして何人かは出てきたらしいですが、それでも何度勧告をしても出てこず、地下壕を潰して回ったと言われています。

 

終戦からの4年後に潜んでいた日本兵が投降してきました。拾った雑誌で日本人とアメリカ人が写っているのを見て戦争が終わったことを知ったようです。

 

その後日本に帰還したようですが、そのうちの一人は本を出版するために硫黄島に置いてきた日記を取りに行きたいと言ったそうです。アメリカの許可の元アメリカ兵と硫黄島に降り立ったものの、彼の書いた日記はどこにも見当たりませんでした。そのまま「万歳」と言いながら崖から飛び降り自殺をしたそうです。

 

帰国後もずっと生きて帰ったことを詫びており、日記がなかったら日本には戻らないと言っていたそうです

 

まとめ

たくさんの血が流れた硫黄島の戦い。それを細部までこだわって再現したこの映画。負けるとわかっていても、一日を繋ぐために必死で戦い散っていった日本人がいることを決して忘れてはいけません。

 

国の戦争で戦ったのは人間でした。両国に多大なる犠牲を残しました。それは今でも語り継がれています。

 

彼等がいたからこそ、現代があると言っても過言ではありません。1度は日本人なら見て欲しい映画です。