ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】エスター あらすじからネタバレ結末解説 少女の思惑は?もうひとつのエンドは2種類?

【映画】エスター

エスター (字幕版)

この娘、どこかが変だ。

あらすじ

かつて3人目の子供を流産したケイト・コールマンとその夫のジョン。彼らはその苦しみを癒すため、孤児院からエスターという9歳の少女を養子として引き取る。少々変わってはいるが年齢の割にしっかり者で落ち着いており、すぐに手話を覚えて難聴を患う義妹のマックスとも仲良くなるエスター。だが共に生活する中で、やがて彼女は常に手首や首にリボンを着けていたり、入浴の際は必ず入り口を施錠したりと、謎の習慣を垣間見せ始め、それらと同時に徐々に恐ろしい本性を見せ始めるのだった。

 

予告

 

キャスト

エスター(イザベル・ファーマン)

ケイト・コールマン(ヴェラ・ファーミガ)

ジョン・コールマン(ピーター・サースガード)

ダニエル・コールマン(ジミー・ベネット)

マックス・コールマン( アリアーナ・エンジニア )

シスター・アビゲイル(CCH・パウンダー)

 

感想

意外な結末として有名な作品ですよね。幼い少女が何をしでかすのかと思いきや、まさかの展開で進んでいく映画です。

 

エスター役の子がかわいいんですよねほんとに。純粋無垢に思えて。

 

初見の人がほとんど引っかかる展開になっています。

 

この映画の凄いところは1度見たら、また見たくなるんですよね。あのシーンでエスターは?とかこういう事だったのかとたくさん謎が解けます。

 

純粋の裏側を見た気がするそんな映画です

 

 

ストーリーネタバレ

2009年、妊婦のケイトは病院の廊下で産気づきそのまま生まれてきたのは真っ赤な塊でした。しかしそれは夢でケイトは安心しました

 

ケイトは3人目の子供を妊娠していましたが死産していました。2人の長男であるダニエルと長女のマックスがいました。ダニエルは元気な少年ですが、マックスは生まれつき耳が悪く聾学校に通っていました。

 

マックスは手話で話すのですが、ダニエルは手話を覚えようとせずケイトは手を焼いていました。ケイトはマックスに手話で絵本を読み聞かせていたところ、亡くしてしまった子供のことを思い出してしまいます。考え込んでしまうケイトに夫であるジョンは孤児院で養子をもらうことを提案します。

 

ジョンとケイトは孤児院に行きます。そこで談話室に集まっている子供と話していましたが、ジョンは2階へ行きます。すると2階の一室で熱心に絵を書いている少女に出会います。

f:id:k_pe_0325:20190922191250j:image

エスターより

 

少女の名前はエスターと言い、明るく話すエスターに夫婦は好印象を抱きました。孤児院のシスターはエスターはロシア生まれの9歳でこの数年で英語を話せるようになったと言います。

 

最初にエスターを引き取った夫婦は火事で亡くなっており、再び孤児になったと聞いた夫婦はエスターを引き取る決意をしました。エスターは手首と首に巻いているリボンは絶対に取らないのとシスターは教えてくれました

 

そのままエスターをひきとった夫婦はダニエルとマックスのことを伝えます。マックスは話せず手話をするというと、エスターも手話を覚えようと意欲的になってくれます。

 

自宅に帰ると2人の兄弟のことはジョンの母がみていてくれていました。エスターは早速少し覚えた手話でマックスに挨拶をしてくれ、それを見てみな安心するのでした。

 

夫婦の家にはピアノがあり、エスターはそれに興味を抱きます。ケイト自身もピアノの先生だったこともあり、ケイトはエスターにピアノを教えてあげると言います。エスターも嬉しそうにしていました。

 

ダニエルはみんなの注目がエスターに集まっているのが気に食わないでいました。そのまま木の上にあるツリーハウスですごします。ケイトは現在は休職中でした。流産のショックからアルコール依存症になり、そのまま飲酒運転で事故を起こした過去を持っていました。

 

夜になると雷がなり、夫婦の元へエスターがやってきて一緒に眠ることになりました。夫婦はそれが甘えてきてくれているようで嬉しくもありました。

 

エスターが初めて学校に行く時、どこか時代遅れのような服装をします。その服装をダニエルはバカにし、夫婦も別の服にしたら?といいますが、エスターはその服で登校しました。が、予想通りクラスメイトにバカにされてしまいます。

f:id:k_pe_0325:20190922191517j:image

エスターより

 

帰宅後エスターはマックスと一緒に遊びます。ダニエルが空気銃で鳩を打ちます。鳩はそのまま瀕死状態になります。それを見ていたエスターが鳩を苦しませてはならないと殺せといいますがダニエルは出来ません。目の色を変えずエスターは鳩を殺しその場を去っていきます。ダニエルはエスターが怖いと感じるようになります

 

翌日エスターはクラスメイトにバカにされます。持っていた聖書を叩き落とされ、首のリボンを奪おうとされ、絶叫します。誰もが驚くほどの絶叫でした。ケイトはエスターを迎えに学校に行きます。ピアノを自宅で教えながら今日の出来事を聞きますが、エスターは話をそらします。

f:id:k_pe_0325:20190922191551j:image

エスターより

 

「ジェシカって誰?」と聞くエスターにケイトは流産してしまった子供だと言い、温室に植えてある白いバラはジェシカだと思って育ててるのと言います。バラの根元にはジェシカの遺骨が埋めてありました。それを聞いたエスターは涙を流します。それを見たケイトはエスターをひきとってよかったと思うのでした。

 

夜にケイトはジョンと事に及ぼうとしている所をエスターに見られますが、エスターは気にもとめず「ファックでしょ」というのです。けいとはこんな幼い子がそんなことを知っているなんてと違和感を抱き始めます。が、ジョンは気にもしていないようでした。

 

ジョンは休日に公園に子供たちと向かいます。そこへジョンへ馴れ馴れしく話しかける女性を見つけます。ジョンは誘われてもなんとか話を逸らし続けていました。エスターはその女性の子供を滑り台の上から突き落とします。その状況をマックスは影から見ていました、もちろん、大騒ぎになりますが、エスターは平然とした顔で勝手に落ちたと言うのでした。

 

夕食時、ダニエルはエスターをバカにします。ジョンはそれを咎め、ツリーハウスの鍵を没収してしまいます。

 

翌日孤児院のシスターから電話が来ます。エスターの様子を尋ねるものでした。ケイトはエスターの今までの事をシスターに相談します。電話を終えるとエスターは教えてもいない曲をピアノで弾いていました。驚くケイトに「あなたが教えたがっていたから教わっただけよ」と言うのでした。

 

その晩、夫婦が喧嘩しているのを聞いて、エスターは自室でほくそ笑んでいました。翌日シスターがケイトを訪ねてきます。シスターは養子に出したのは間違いだったかもしれないと言います。調べた結果エスターの周囲では怪我人が多く出ているのでした。前の養子先の火事もエスターが何かしたのではないかといいます。ロシアにいた頃のことを調べてみるとシスターは帰宅します。

 

エスターは帰宅しようとするシスターをマックスと共に襲います。マックスを車道に突き飛ばしそれを避けたシスターを背後からハンマーで殴ります。凶器や服などはツリーハウスに隠しました。エスターは誰かに言うとあなたも刑務所行きよと脅し、「あなたは妹だから傷つけないわ」と言ってマックスを抱きしめます。しかしその様子をダニエルは見ていました。それに気がついたエスターはダニエルの部屋に忍び込み、カッターナイフで脅しました。失禁するダニエルを笑いながらエスターは部屋をあとにします。

f:id:k_pe_0325:20190922191626j:image

エスターより

 

ケイトはエスターを精神科医の元へ連れていきます。エスターは上手いこと猫を被ります。が、疑われていることに怒り、トイレの個室で暴れてしまいます。精神科医はエスターよりケイトに問題があるといいますが、ケイトは信じられませんでした。

 

そのよる孤児院からシスターが帰っていないと連絡があり、警察も手伝い捜索が始まります。遺体で見付かったシスターにケイトはエスターを疑ってしまいます

 

エスターの自室の壁の落書きは一見普通に見えますが、ブラックライトを照らすと燃え盛る家に変わります。ブラックライトを当てつつ、エスターは楽しそうに微笑むのでした。

 

ケイトはジョンにエスターがおかしいことを伝えますが、ジョンは気にしすぎだと取り合いません。様々な障害についてケイトは調べてもジョンには届きませんでした。ジョンから見たらエスターは素直ないい子なのでした。ケイトはロシアの孤児院に問い合わせしますがエスターという少女の記録は存在しないと言われてしまいます

 

ケイトは自分の子供2人にエスターのことを聞きますが2人とも脅されているため何も言いません。次第に情緒不安定になるケイトにエスターが花を持って来ます。その花は白いバラでなくなった娘のために植えたものでした。感情的になりエスターの腕を掴むと、ジョンが止めに入ります。「知らなかったんだよ」とエスターを庇います。

f:id:k_pe_0325:20190922191724j:image

エスターより

 

その夜エスターは自分で自分の腕を折り、ジョンに痛みを訴えます。まるでケイトが掴んだのが原因のように見せかけました。ケイトはお酒に手を出そうとしますがなんとか抑えます。

 

子供たちを学校に送った際、ケイトはマックスを乗せたまま車を離れてしまい、そのまま車は雪山に突っ込みます。マックスは無事でしたが、酒の空き瓶が見つかり、飲んだと言われてしまいます。全てエスターの仕組んだことでした。マックスとダニエルはエスターがおかしいと2人で会話しますが、それすらもエスターに聞かれていました。

 

ケイトはエスターのことを調べます。何も出てこないエスターの過去に藁にもすがる思いでエスターがいつも見ている聖書を覗きます。するとなかから男性の古い写真となにかのスタンプがありました。そのスタンプを調べると孤児院ではなく精神病院でした。

 

ツリーハウスで証拠を探しているダニエルにエスターが襲い掛かります。ツリーハウスを燃やしダニエルを殺そうとしますが何とか逃げ出します。しかし倒れ込むダニエルを殴ろうとするエスターをマックスが止めます。その時、ケイトが騒動に気が付きます。

f:id:k_pe_0325:20190922191745j:image

エスターより

 

ダニエルは重体で入院します。エスターを祖母が様子を見ながら夫婦は話し合います。ケイトは精神病院のことを話します。エスターは隙をみてダニエルの呼吸器を止めます。そして部屋から逃げ出します。部屋に医師が駆けつけなんとか一命を取りとめますが、ケイトはエスターを平手打ちします。しかし虐待と取られ、ケイトはそのまま措置入院をさせられます。ケイトの携帯にはエスターがいたであろう精神病院から着信が入っていました

 

ジョンはマックスとエスターと帰宅します。マックスの補聴器を隠したエスターはジョンを誘惑しますが、ジョンはなびきません。それにエスターは腹を立て部屋に戻ります。

f:id:k_pe_0325:20190922191813j:image

エスターより

 

ケイトは病院からの着信に気が付き電話すると、精神病院の医師から「エスターは少女ではなくホルモンの異常であれ以上老化しない33歳の女性で、首や手首には拘束具の跡がある。入れ歯のため歯医者にいかず、知る限りでは7人殺している」と言いました。最後は火事で家族を殺してまた次へ行っているといい、全てが一致してケイトは急いで自宅へ向かいます

 

ジョンはエスターが部屋で暴れているのを聞き、エスターの部屋に行きます。ブラックライトで部屋を照らすと壁一面に卑猥な絵が書いてありました。そこでジョンははじめてケイトの言っていたことを信じました。しかし部屋にはエスターはいませんでした。

 

ケイトは警察に電話し、家に電話しますが繋がりません。エスターが配電盤をめちゃくちゃにしていました。エスターは暗闇でジョンに襲いかかり殺してしまいます。部屋が暗くなり気がついたマックスはそっと隠れます。ケイトも自宅につき、玄関へはいるとジョンが殺されている惨状を目の当たりにします。

f:id:k_pe_0325:20190922191842j:image

 

 

温室に逃げたマックスを追いエスターが追いかけ銃で殺そうとしますがケイトがエスターを止めます。警察が着いたものの、家はもぬけの殻でした。エスターとケイトは湖で争っていました。そのとき、湖が割れ、2人とも寒い水の中に入ります。ケイトはなんとか湖から上がりますがエスターは「ママ」と言いながら、ケイトにしがみつきますが、エスターを蹴り飛ばし、逃げます。エスターはそのまま湖へ落ちていきました。

 

エスター (字幕版)

エスター (字幕版)

 

 

 

もうひとつのラスト

DVDにのみ収められているラストがあります。

割れた鏡で化粧するエスター。警官が家に押し入った時家の惨状に戸惑います。

 

階段の上に化粧を施したエスターが現れます。スカートを持ち傷だらけの顔で「私はエスターよ」と微笑み終わります。

f:id:k_pe_0325:20190922192201p:image

 

きっとこのエンディングはエスターの完全勝利なのでしょう。ケイトに抵抗されたものの、ケイトを殺したのでしょう。これは罪を認めて諦めの微笑みで出てきたのか、ケイトに全ての罪を擦り付け勝利の微笑みなのか。

 

見る人に委ねられていそうです。

 

エスターの本性

エスターはその家々を乗っ取り続けるのだと思います。男性に依存していくのでしょう。

しかし、見た目は少女のためほとんど断られ続け、逆上し、家族を襲い続けていたのでしょう。女性でいうと33歳。性欲もあり、自分だけの楽園を求め続けているのかもしれません。

 

幼い自分でも愛してくれる男性を。そうすると家族を大切にする男性に目をつけ続けたのでしょう

 

まとめ

未だに人気の作品です。少女の見た目の中に潜む残虐性を表しており、旦那の役立たなさに苛立ちながら見る作品でもあります。

 

1人の少女がひとつの家庭を壊す過程の映画とも言えます。

 

びっくりするシーンはすくないものの、考えることが多い作品になっています