ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録です。ネタバレ有りです。映画のストーリーから生活のあれこれまでゆとり視点でピックアップ!

【映画】チーム・バチスタの栄光 あらすじからネタバレ結末。犯人は動機は?

【映画】チーム・バチスタの栄光

映画「チーム・バチスタの栄光」【TBSオンデマンド】

犯人は、あなたですね

 

あらすじ

高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとした矢先、厚生労働省から派遣された切れ者役人の白鳥(阿部寛)が現れる。2人はコンビを組んで、“チーム・バチスタ”のメンバーを再調査することになる。

 

予告

 

キャスト

田口公子 - 竹内結子
白鳥圭輔 - 阿部寛
桐生恭一 - 吉川晃司
鳴海涼 -    池内博之
酒井利樹 - 玉山鉄二
大友直美 - 井川遥
羽場貴之 - 田口浩正
氷室貢一朗 - 田中直樹(ココリコ)
垣谷雄次 - 佐野史郎
藤原真琴 - 野際陽子
黒崎誠一郎 - 平泉成
高階権太 - 國村隼
有働喜三郎 - ベンガル
星野響子 - 野波麻帆
市川留蔵 - 上田耕一

 

感想

当時この映画を見てからすぐ小説を買って読んだくらいどハマりしました。どんでん返しに驚き鳥肌がたち、映画が終わってもしばらく色々考えてしまうそんな映画でした。

 

この原作は

新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

 

になり、シリーズとしては沢山あります。そしてさらに凄いところは映画だけでは終わらず、ドラマ化にもされています。医療ドラマですがミステリーになっており、見ているものを引き込むそんな魅力があるのでしょう。

 

原作では男性2人ですが、今作では女性になってるのは少し謎です。ガリレオみたいな感じですね。

 

容疑者たちのキャラが濃いです。濃い分余計に誰が犯人かわからなくなります。そんな所にもついつい魅力を感じてしまう映画でした

 

ストーリーネタバレ

舞台の東城大学附属病院にはチーム・バチスタという国内最高峰のバチスタ手術を行うチームがあったが、ここ最近は何故だか失敗が目立つようになってきていました。

f:id:k_pe_0325:20190419192113j:image

 

執刀医である桐生恭一は不審に思い院長である高階の元に相談をしていたところ、その謎の解明に不定愁訴外来、通称愚痴外来の田口公子に白羽の矢が立ちました。

 

田口は上からの命令ということで仕方なしにチームのことを調べ始めました

 

執刀医である桐生恭一

手術は本当にすごく温和そうに見える。フロリダ帰りで動物に例えると

 

病理医の鳴海涼

桐生の義理の弟で桐生とのチームが最高だと思っている。腕の怪我で病理医になった。動物に例えるとコヨーテ

 

第一助手の垣谷雄次

桐生の右腕。努力家でいつも影で練習をしている。看護師が原因ではないかと疑っている。動物に例えるとモグラ

 

第二助手の酒井利樹

自信過剰でナルシスト傾向。垣谷をライバル視しており、垣谷が犯人ではないかと思っている。動物に例えるとスピッツ

 

看護師の大友直美

前の看護師が抜けたために入ったばかり。慌てふためいて周りに迷惑をかけている。動物に例えると巻貝

 

臨床工学技士の羽場貴之

バチスタ手術の要である、心臓を意図的に止める役割をする。普段は優しいが奥さんに怒鳴りつけることもみえる。動物に例えるとカメレオン

 

麻酔医の氷室弘一郎

常に忙しくしており、お昼を食べる時間もゆっくりとれないほど。動物に例えるとヤギ

 

と上辺だけの情報が集まりましたが、田口には皆真面目そうでわざとそういったことをするようには見えませんでした。

 

そうこうしていたら、次のバチスタ手術が決まりました。アフリカの少年兵の男の子で世界的にも注目される手術でした。手術は成功し、今までの事故はたまたまだったと結論づけ、田口は調査報告をだそうとしてました。

 

しかし、院長が外部に願いで形で厚生労働省の勤務の白鳥圭輔がやってきて、「あなたを助けに来ました」と言い、田口の調査結果をみて笑います。白鳥は犯人は絶対にいると言い、再び調査をすることになりました。

f:id:k_pe_0325:20190419191756j:image

 

白鳥は高圧的な態度で調査し、時には人を馬鹿にしたり、図星をついたりして調査を行っていきます。それを見て田口はヒヤヒヤして白鳥に不信感さえ抱きます。白鳥はその足でフロリダに向かいました

 

バチスタ手術を行うことになり、不安になった患者、小倉が不定愁訴外来に訪れ、自分の思いを述べました。田口が真剣に小倉の言うことに耳を傾け、手術は予定通り行われることになりましたが、その晩容態が急変し、緊急バチスタ手術が行われることになりました。

 

白鳥に連絡をしますが、間に合いそうになく、田口が1人見学することになりました。手術は失敗に終わり、終わったと同時に到着した白鳥は執拗に小倉の遺体のMRI検査をすると言い張りました。それは一般的ではなく皆が反対しましたが、白鳥はききませんでした。

f:id:k_pe_0325:20190419192141j:image

 

田口は1度止まった心臓が再び動き出さないことへ恐怖を覚え廊下に座り込んでしまいます。チーム・バチスタの人達はそれを憐れむような瞳でその場を立ち去りました、

 

白鳥は全ての手術のシーンを見返していました。田口に桐生と鳴海のことを調べにフロリダへ行っていたといいます。鳴海は手の怪我により外科医から病理医に転身しており、その手の怪我は桐生が手術中に誤って傷つけていました。鳴海には桐生を貶める理由があると言います。

 

田口はそれを信じられませんでした。鳴海の所見を聞いてから手術を開始していること、目瞑りながらその話を聞いていることを告げました。白鳥はそれを聞いてすぐさま院長の元へ行きました

 

白鳥は桐生、鳴海、院長を資料室に集めビデオを見るように言います。手術ごとにテレビを変え、次のテレビに移ったところで、桐生が何も再生していないじゃないかと抗議します。

 

テレビはきちんと写っていました。机の下で。それを桐生は見つけられていませんでした。桐生はその事実に気付き観念したように、自分の視野が狭くなっていることを告げます。チームのみんなが慕ってくれ、全国でバチスタ手術を待っている患者が沢山いるのに、辞めることが出来なかったと言いました。調査をお願いしたのも、原因が自分じゃないのかもしないと思いたかったからだと言いました。白鳥はそれは自分のエゴだと言い切るのでした

 

桐生は自分の状況をチームに伝え、執刀医を垣谷に任命しました。そして垣谷が執刀医としての初めてのバチスタ手術が行われました。手術は無事成功し、みな安堵します。がそこへ白鳥が入ってきます。

f:id:k_pe_0325:20190419191730j:image

 

白鳥は前回失敗した小倉のことを話し始めました。皆が反対しましたが、MRI検査を実行したところ問題は心臓ではなかったと言います。皆がざわつく中、脳がずれるほどの圧迫があったといいます。しかし人の力でそこまでできるはずがないと。それができるのはエピドラというものだけでした。エピドラは脳幹部で気化し膨れ上がる物質でした。

 

唯一それができるのが麻酔医の氷室弘一郎だけでした。それを指摘された火室は悪びれる様子もなくバレちゃいました?というだけでした。

 

事情を聞くと、麻酔医は使い捨てのように酷使されるだけでした。そんな自分にも娯楽が必要だと言います。心臓を止めたあと再び動き出すことがなく現場が大慌てするのを見ていて気持ちが高揚したといいます。それが楽しくて定期的に行っていたと。

 

しかし子供の手術だけは成功し続けていたのは、そこに子供への気持ちがあったからですよねと田口は言いますが氷室は笑顔で違うと言います。子供の麻酔にはエピドラを使わないだけだというだけでした。そして田口は一人一人を見てるから絶対僕が犯人だとわかってくれると思っていたと笑顔で言うのでした。

 

「人を殺しても遺体を調べられない方法は医者の前で殺すことですよ」と自慢げにいうだけでした

 

一連の事件で桐生は医者を辞めました。田口はあんなに大きな事件が起きたのに普通に過ごしている自分にも周りにも驚き戸惑いました。しかしこれは自分が乗り越えるものだと思うのでした。

 

桐生は無実なのか

この映画って桐生のことは悪くは言ってないんです。だからこそ、桐生は無実だったのかと言う点です。

 

氷室が事件を起こしたきっかけはバチスタ手術の失敗でした。バチスタ手術自体も難易度が高いため失敗もあるとは思います。

 

それは目のせいなのか偶然なのか…

その事がなければ氷室もそんなことを起こさなかったのではと思えますよね。

 

まとめ

なかなか奥の深い映画ですよね。これを見ていて展開とテンポの良さに惹かれました。

 

原作もなかなか面白く、すぐ読み切ってしまいます。

どんでん返し噛みたい方にお勧め映画です