ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録です。ネタバレ有りです。映画のストーリーから生活のあれこれまでゆとり視点でピックアップ!

【映画】ふたりの女王 メアリーとエリザベス あらすじ、ネタバレストーリーと結末感想。王室の実話と考察

【映画】2人の女王 メアリーとエリザベス

f:id:k_pe_0325:20190312231938j:image

女王は私ひとりだけ

 

あらすじ

スコットランド女王メアリー・スチュアート(シアーシャ・ローナン)は16歳でフランス王妃となり、18歳で未亡人になると、スコットランドで再び王位につく。しかし、当時のスコットランドを支配していたのは、従姉でもあるイングランド女王エリザベス1世(マーゴット・ロビー)だった。メアリーは自身のイングランド王位継承権を主張し、エリザベスの権力を脅かす。恋愛や結婚を経験し、気高く美しいメアリーに、エリザベスは複雑な感情を抱く。それぞれの宮廷内部で起こる裏切りや反乱、陰謀が2人の王位を危険に晒し、歴史の流れを変えていく……

 

予告

 

キャスト

監督:ジョーシー・ルーク 

出演:シアーシャ・ローナン(メアリー・スチュアート / スコットランド女王)

マーゴット・ロビー(エリザベスI世 / イングランド女王)

ジャック・ロウデン(ヘンリー・スチュアート / ダーンリー卿)

ジョー・アルウィン(ロバート・ダドリー / レスター伯)

ジェンマ・チャン(ベス・オブ・ハードウィック)

マーティン・コムストン(ジェームズ・ヘップバーン / ボスウェル伯)

イスマエル・クルス・コルドバ(デビッド・リッチオ)

ブレンダン・コイル(マチュー・スチュアート)

イアン・ハート(メイトランド卿)

エイドリアン・レスター(ランドルフ卿)

ジェームズ・マッカードル(ジェームズ/スチュアート / マリ伯)

デヴィッド・テナント(ジョン・ノックス)

ガイ・ピアース(ウィリアム・セシル / バーリー男爵)

 

感想

美しいスコットランド女王に嫉妬したってあるけど、エリザベス女王も美人やないかーーいってなります。

これが史実なんですよね…

 

アカデミー賞を狙った感じの作りの気がします。アジア人も出てくるし同性愛も出てくる。黒人伯爵まで。

 

ストーリー的には私は好きでしたけどこれは人を選ぶなーーーって感じの作りです。

 

男性社会の中で生き抜く2人の女王。だけどやっぱりそれをよく思わない人もいるわけで、いつかは2人はいがみ合うようになって…

 

女性の強さや儚さ、切なさが現れた作品だと思ってます。

 

時代は違いますが女王陛下のお気に入りも英国王室を象徴したストーリーですね。

https://www.pepe0325.work/entry/2019/02/16/193043 :embed

 

ストーリーネタバレ

f:id:k_pe_0325:20190314125202p:image

f:id:k_pe_0325:20190314125126p:image

ストーリー|映画『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』公式サイトより

 

スコットランドでイングランドの王位継承権を持ちながら、カトリックとして生まれたメアリー・スチュアートは、父ジェームズⅤ世が生後6日で亡くなり、0歳にしてスコットランド女王となる。幼少時に渡仏し、フランス王宮で育ち、15歳でフランス王太子と結婚、16歳でフランス王妃に、18歳で未亡人となり、母国スコットランドで王位に戻る。

 

メアリーの不在の間、スコットランドではプロテスタント教徒たちが勢力を拡大していた。摂政として国を統治していた異母兄マリ伯、プロテスタント長老派の指導者ジョン・ノックス、国務大臣メイトランドらはカトリックの女王を快く思わず、何度も陰謀や内乱を画策した。

 

イングランドでは、エリザベスⅠ世が25歳で即位、宰相ウィリアム・セシルやエリザベスが心を寄せるレスター伯ロバート・ダドリーら枢密院と侍女ベスたちが彼女を支えていた。王位継承者がいなかったため、エリザベスは日々、早く世継ぎを産むようプレッシャーをかけられていた。そんな折、メアリー帰国の知らせに、枢密院内は緊迫した空気が走る。

公式サイトより

 

1561年、メアリーがフランスからスコットランドに帰国した際、マリ伯に歓迎され出迎えられました。一方でその情報はイングランドにも伝わり当時28歳だったエリザベス女王は不穏な空気を感じ取ります。メアリーはエリザベスに手紙を書き、親しくしようとします。

 

エリザベスは結婚をしない選択をし、メアリーは愛のない結婚はするつもりがないと公言していました。しかしメアリーはプロテスタントの牧師から苦言を呈されそれに怒ったメアリーはその牧師をクビにします。牧師はそれに腹を立て、メアリーは危険人物であると演説までし始めました。

 

一方でイングランドではメアリーをエリザベス女王の愛人ロバートと結婚させればメアリーは言うことを聞くと策を練っていました。ロバートはその策にのり、メアリーの元を尋ねます。2人が親しくなった頃、エリザベス女王が天然痘にかかったと情報が入ります。するとメアリー自身も自分がイングランドの女王になれるのではないかと思い始めます。

 

ロバートは心配になりイングランドに戻ります。女王の体調を見て帰るつもりでしたが女王から離れないで欲しいと頼まれ、ロバートは代わりにヘンリーという男性をスコットランドに帰らせるのでした。メアリーはロバートでは無いことに不満でしたが、いつしかふたりは惹かれ合い結ばれ結婚を決めました。

f:id:k_pe_0325:20190314162549j:image

 

スコットランドの側近達はその結婚に難色を示し、マリ伯に至っては大反対という姿勢でした。エリザベスの側近達も息のかかったロバートではなくヘンリーとの結婚でメアリー自信がイギリスへの影響力を持ち始めるのではないかと危惧していました。そのためエリザベスに早く結婚と子供をと言うのですが、エリザベス自身は最初と変わらず結婚も子供も持つ気がないと言います。その頃スコットランドでは二人は結婚をしました

 

結婚後メアリーはヘンリーの酒癖の悪さなどが目に付くようになってきました。そのころ以前クビにした牧師がプロテスタントの人達と反乱を起こします。メアリーはヘンリーと軍を率いてそれを鎮圧します。勝利をした2人はその昂りからか、暴力的な行為をします。

 

それからしばらくしてメアリーの妊娠が発覚します。メアリーは高らかに子供はスコットランドとイングランドどちらの王位継承権があると言います。そんなことを聞いてイングランド側はだまっていられません。みなエリザベスに戦争をするべきだと持ちかけます。

f:id:k_pe_0325:20190314162608j:image

スコットランドではメアリーはヘンリーに嫌気がさしており、側近であるリッチオと遊んでばかりになります。それが面白くないヘンリーはお腹の子の父親かと疑い始めます。メアリーとヘンリーが遊んでるところに忍び込み、ヘンリーを刺し殺してしまいました。メアリーは泣き叫び激怒しますが、ヘンリーは酒を飲み言い訳ばかりしていました。

 

スコットランドで負けたプロテスタントたちはイングランドからの応援を期待し、反乱を企てていました。メアリーは産まれてくる子の名前はジェームスにしようと呑気に考えており、そしてこれを機にエリザベスと仲直りをしようと手紙を出します

 

1566年メアリーはジェームス王子を出産します。その頃にはヘンリーは酒浸りで周りからも離婚を進められるほど手がつけられなくなっていました。翌年1567年に反乱が起こり、ヘンリーは巻き込まれて死にました。メアリーは急いで側近とボズウェル伯へ逃げ込みますが、メアリーはボズウェル伯に襲われてしまいます。そしてそのまま結婚を強要されます。

 

スコットランド人のボズウェル伯と結婚することになったメアリーですが、周りのプロテスタントからは避難され続けていました。メアリーとの結婚で王様になれると思っていたボズウェル伯ですが、それは認められず激怒します。スコットランドでは既にメアリーは国民から嫌われており、メアリー自身女王という地位から退位せざる終えませんでした。

 

翌年女王の身を追われたメアリーはイングランドにわたり、エリザベスに会います。天然痘で顔にひどい跡が残ってるエリザベスはカーテンの向こうで厚化粧をし、カツラを被っています。

f:id:k_pe_0325:20190314162632j:image

そのカーテンを開けメアリーはエリザベスにスコットランドの王位戻りたいと懇願します。しかしエリザベスはいい返事はしません。メアリーは逆上し、エリザベスに言い寄ります。メアリーの態度に驚きながらも自分が過去に羨みああなりたいと願った女性の落ちぶれに憐れみすらも覚えると伝えました。

そして王位に執着しないなら命の保証はすると伝えエリザベスは去りました。

 

1587年、メアリーは処刑台に向かっていました。メアリーが陰謀を計画したとして、エリザベスは迷いながらも処刑執行を許可します。メアリーは神に祈りながら、息子ジェームスがスコットランドとイングランド国の王権を握るよう願いながら処刑されました

f:id:k_pe_0325:20190314162907j:image

最後にメアリーの陰謀は未だに本当だったか議論され、エリザベスは子供を持たなかったためメアリーの子供ジェームスがスコットランドとイングランドの王権を握ったことが語られ終わります。

 

考察

この話は世界史で習う範囲ですよね。私自身忘れていたので考察していきたいと思います

 

悲劇の女王メアリー1世

f:id:k_pe_0325:20190314171422j:image

実在した方でメアリー1世と言います。

生きてきた肩書きがとりあえずすごいです。

 

フランス王妃

スコットランド女王

スコットランド、イングランド、アイルランド王の母親

 

肩書きだけ普通にすごいです。なろう系の主人公かな?って思うくらいに。でも人生はそんなによかったと言えるものではなかったと思われます。悲劇の女王として数々の芸術作品としても描かれています

 

生後6日デラ父親がなくなりスコットランド女王に就任。6歳で婚約しフランスへ渡り15際で結婚。一年後最初の旦那フランス国王は若くして亡くなり、スコットランドへ帰ることに。

 

しばらくして4歳年下のヘンリーと結婚ヘンリーは王位に執着し、短期で周りに威張り散らすようになりました。ヘンリーに昔から懇意にしていた人を殺されました。ヘンリーはしに次に懇意にしていたボズウェル伯はメアリーの王冠にしか興味が無い。ついにはヘンリー殺しまで疑われるメアリー。そんな中ボズウェル伯の結婚。もう国を終われるように城を逃げ出し、ボズウェルはメアリーを置いて逃げました。メアリーは女王を退位、しかし王位が欲しく反乱を起こすが失敗。イングランドに逃亡しました、そしてイングランドでも王座を取ろうとした罪で処刑されました

 

王室に執着したメアリーの子供が後にイングランド、スコットランドの政権を握り、そして現在までの直系子孫となっています。

 

ヴァージンクイーンエリザベス1世

この方も色々な題材になってます。処女王とも呼ばれています。ずっと処女だった訳ではなく生涯独身で子供を作らずおり、キリストの親である聖母マリアのような服装をしてたからとも言われています。

 

彼女の治世下では黄金時代と言われ外交面ではスペインの無敵艦隊の襲撃を撃退、社会的な混乱を抑えて積極的に改善し、それによってイギリス文化が花開くなど、イギリスの栄光とその後の大英帝国の幕開けを呼んだのです。彼女は生涯をイギリスに捧げたと言っても過言ではありません

 

 

まとめ

この映画は時代背景を多少歪めたりもしてますが個人的には好きです。女性二人の生涯がこんなにも波乱でそれでいてどこか切ない印象を持たせる作品になってます。

 

王位に執着したメアリーの直径の子孫だけが今の王室を継いでるというのはある意味皮肉らしい感じでとても好きです。