ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録です。ネタバレ有りです。映画のストーリーから生活のあれこれまでゆとり視点でピックアップ!

【映画】リング2 あらすじからネタバレストーリー考察。

【映画】リング2

リング2

リングの恐怖は、始まりにすぎなかった。

 

 

前作リングのネタバレストーリーはコチラ

あらすじ

1999年日本映画。貞子の呪いは解けていなかった!恋人の不審な死に疑問を抱く高野舞は、調査をするうちに呪いのビデオが原因だと突き止める。果たして、舞は貞子の呪いを解くことができるのか、そして貞子に襲われた人々を助けることができるのか。

 

予告

公式の予告が見当たらず…何か情報ある方よろしくお願いします

 

キャスト

監督:中田秀夫 出演者:中谷美紀(高野舞)、深田恭子(沢口早苗)、松嶋菜々子(浅川玲子))、真田広之(高山竜司)、柳ユーレイ(岡崎)

 

登場人物紹介

高野舞(中谷美紀)竜司の恋人兼助手兼教え子。彼の死に疑問を抱き、調査を進めるうちに貞子の存在を知ることになる。不思議な能力がある

 

浅川陽一(大高力也)玲子と竜司の息子。今回、彼にとある能力があることが判明する。

 

川尻医師(小日向文世)精神病棟の医師。長年超能力について研究を行っていた。念写についても研究を重ねる

 

倉橋雅美(佐藤仁美)精神病棟に入院している女子高生。前作で智子と共に居た。テレビを恐れる。

 

山村敬(沼田曜一)貞子の親族。貞子の母をマスコミに売った

 

沢口香苗(深田恭子)呪いのテープを見てしまった女子高生。

 

岡崎(柳ユーレイ)玲子の部下。舞と共に、貞子の真相に迫る。

 

浅川玲子(松嶋菜々子)貞子の残した呪いのテープを見てしまい、呪われるがダビングしたテープで助かる。

 

高山竜司(真田広之)前作で玲子と共に貞子の呪いの真相に迫った。ビデオを見た事により呪い殺された。

 

山村貞子(伊野尾理枝)全ての元凶。

 

ストーリーネタバレ

井戸にあった骨は復元作業をされることになり、参考人として山村貞子のおじにあたる山村敬が呼ばれました。

 

検死の結果死んだのは数年前ということになっており、貞子が井戸に落とされたのは30年以上前なのです。つまり、貞子は井戸の中でつい最近まで生きていたということになります。

 

浅川玲子の部下であり取材の引き継ぎをした岡崎は過去の取材を見返していました。そこへ高山竜司の元恋人であり竜司の死体の第1発見者であった高野舞が訪ねてきます。

 

岡崎と舞は行方不明になった玲子のマンションを訪れます。室内は荒れ、風呂場で焼けたビデオテープを見つけます。そこへ警察から電話がかかってき、玲子の父親が死んだということでした。

 

玲子の父親は物凄い形相で亡くなっており、室内からは2つのビデオデッキと

『玲子へ ビデオは処分した。もう何も心配することはない。』という遺書とも取れる手紙があるだけでした。

 

岡崎と舞は浅川陽一の通う小学校へいきますが、ずっと欠席だというのです。そこで舞は陽一の幻影を見ます。舞自身も竜司と同じく人の思念を見る能力を持っていました

f:id:k_pe_0325:20190310170526j:image

夜になると舞の元へ警察が来ます山村志津子、山村貞子、伊熊平八郎の3人の存在を知っているか聞きます。知らない舞に伊豆のペンションでの出来事と呪いのビデオのことを話して去っていきます。

 

岡崎は呪いのビデオのことを女子高生である沢口香苗に取材をしていました。友達と間で回しているらしく香苗もビデオを持っていましたがまだ見ていないとのことでした。岡崎はそのビデオを譲ってもらうことを約束しました

f:id:k_pe_0325:20190310170608j:image

岡崎と舞は何か情報を得るために、智子が死んだ時に一緒にいた友人である倉橋雅美を尋ねて精神病院に来ます。雅美はあの事件で貞子を目撃しそれからテレビを異常に怖がる、喋れなくなるなどと精神に異常をきたしていました。

f:id:k_pe_0325:20190310170706j:image

 

担当医である川尻医師に話を聞くと、雅美が来た際に写真を撮ったところビデオに映る指をさした人影が写っており、念写だと定義付けしていました。

 

帰り道病院のロビーで雅美と遭遇しました。雅美がテレビに近づくとテレビに砂嵐が流れ井戸の映像が流れ始めました。それを見た患者達は呻き苦しみはじめました。雅美は舞に助けてと声を出します。そして舞は小学校でみた陽一も助けてと口を動かしていたことに気がつきます。

 

帰り道雅美は駅で陽一を探す玲子の声を聞いた気がします。辺りを見渡すと陽一と玲子がいました。玲子は舞を隠れて住んでいる家へ招き入れます。そして陽一とまた会う約束をして帰ります、陽一は雅美と同様話せなくなっていました。

 

その頃岡崎は香苗から呪いのビデオを受け取っていました。香苗はビデオを見てしまったため絶対に岡崎にビデオを見てくれと頼みます。岡崎はいいよと軽く言い、何度も念を押す香苗を帰宅させます。ビデオは岡崎のデスクにしまわれました。

 

川尻医師は雅美の念写能力を使って実験を行おうとしていました。水に恐怖を移して恐怖の解放を行おうとしていました。テレビ画面に雅美のイメージを映し出し怖さを抽出しようとしていました。

 

テレビ画面に移されたのは呪いのビデオでした。見たことの無い人達はそれが何か分かりませんでしたが、咄嗟に舞がテレビを破壊し、皆全ては見ずにすみました。

 

岡崎は職場に戻って香苗に電話しました。病院で診たものが本当に呪いのビデオかきになったからです。女の人が出てきたか聞くと、香苗は出たと答え、香苗は岡崎がビデオを見てくれたんだと感謝します。岡崎は呪いのビデオは本物だと知り、中身を見ずにデスクにしまい、鍵をかけます。

 

舞は警察に玲子と陽一の居場所を尋ねられますが答えません。そんなときに香苗が死んだと連絡が入ります。現場に舞を連れていきかなえの遺体を見せます。それに怖くなった舞は2人の居場所を伝え、2人は警察に連行されます。

 

警察署で玲子が事情聴取を受けている間、洋一に逃げるように舞はテレパシーで伝えます。洋一は玲子と共に逃げ出しますが警官が後を追ってきた際、念じるだけで警官たちを殺そうとしてしまいます。陽一は貞子と同じ能力を持っていました。玲子と陽一はそのまま逃げようとしますが、玲子はその際トラックにひかれ死んでしまいます。玲子は死ぬ間際これは本当に陽一なのか問いながら死にます。

 

岡崎は取材テープを見返していたら、香苗のシーンでテープが異常な動きを見せ固まります。そのままこちらを恨めしそうな顔で見ながら近寄って来る香苗に叫び声を上げる岡崎でした

f:id:k_pe_0325:20190310171042j:image

 

舞は洋一を連れて伊豆大島まで逃げます。その頃山村は貞子を海から来た化け物だと思い、貞子の遺体を海に返していました。そして陽一と舞は山村の営む旅館に泊まりに来ていました。その夜、陽一は舞に『お姉ちゃんは味方?』と訊ねます。舞は味方だからと洋一を寝かし付けます。

 

その日の夜川尻医師が旅館に訪れます。陽一を使い実験を行い、自分の説を立証するためです。ズカズカと旅館に入る川尻医師とそれを止めようとする舞は旅館の一室で志津子を見ます。鏡で髪をとかす志津子に死んでるのよと伝えるとすごい形相で振り向き、そのまま消えていきました

f:id:k_pe_0325:20190310171022j:image

 

翌日実験をすることになります。恐怖を移す水は大量ではないといけないということで、プールを貸し切り行うことになります。陽一に恐怖や怒りを出させるために、玲子を馬鹿にします。するとやはり映像に貞子が映し出されます。プールがあの世とこの世を繋ぐ媒体になったのです。すると山村の目に沈めた棺が目に入ります。山村は自分で最後にしろと言いプールに入っていきます。川尻医師も何かに取り憑かれたようにプールに飛び込みます。

 

舞は目を開けると井戸の中に洋一と共に居ました。陽一は自分を置いていけといい井戸に沈みます。それを追いかける舞に竜司が現れ陽一を手渡してきます。そして陽一に全てを俺に渡せといい、陽一の能力や恐怖怒りを吸い取ります。そして振り向かずに帰れといい消えました。

 

舞は陽一を背負い井戸を登ります。疲れた頃に振り向くと貞子が現れどんどん登ってきます。そして舞に追いつき『どうしてあなただけ助かるの』と言い井戸に落ちていきます。

f:id:k_pe_0325:20190310171100j:image

2人は目覚めると爽快な気持ちに包まれていました。もう怖いものがなくなったという洋一に微笑む舞でしたが、周りには遺体が浮いていました。

 

岡崎は佳苗の亡霊に取り憑かれたようおかしくなり、精神病院にいました。岡崎のデスクからは呪いのビデオが見つかり、岡崎の後ろではずっと香苗が笑い続けていました

 

 

リング2

リング2

 

 

 

考察、感想

この映画前作と較べ急に科学的なこと出してきたな!!って雰囲気ですよね。なので疑問に思ったところを調べたりして考察してみました

貞子の生まれたわけはこちら

 

川尻医師の実験の仕組みや意味は?

あれ謎ですよね。

 

実験の理論的には念写を水に繰り返せば本人の中にある恐怖心が薄れていく

念写された水は普通の水よりも浸透が良くなる

 

という理論なんだと思います。

そもそも雅美は呪いのビデオを見ていないのに忠実に呪いのビデオを念写で再現してましたよね。謎です…

 

陽一に行った実験はそれの拡大版なのだと思います。洋一にはまさみより更なる恐怖や貞子の呪いがかけられているため、念写する水も沢山いる!呪いの浄化ってことなんじゃないかなあと思ってます。

 

プールがあの世と繋がったのは何故?

プールに入ってしまった人達はあの世と繋がるプールな訳ですから、死んでしまったと解釈するのが一番だと思います。あの世に連れていかれた。ってかんじですかね。

 

じゃあなんであのプールがあの世になったのが不思議ですよね。

 

貞子の思念が陽一を使い具現化したってことな気もします。井戸に入った舞と陽一は井戸の中に行ってしまった訳ですし、水の妖怪とも言われていた貞子思念があそこに出てきたってわけな気がします。この世を恨んで恨んで恨みまくった貞子の呪いはあのプールくらいじゃダメだったってことでしょうね。

 

父親である竜司が呪いを受け取ったために陽介は助かったのであって、貞子の呪いは終わってないですもんね。

f:id:k_pe_0325:20190310182627j:image

 

岡崎と香苗

岡崎は香苗を裏切ったためにああ行った結末になったのでしょう。

リング1で恐怖がそう見せると竜司が言っていたように、そういった部分もあるのかなあと。

 

香苗への罪悪感と死んでしまった香苗の呪いがああしてしまったとでもいうのでしょうか

 

深田恭子演じる香苗はいい演技というか死に顔はがんばっていましたね。あの顔に恐怖した人達も多いのでは?

f:id:k_pe_0325:20190310182948j:image

 

呪いのビデオはどうなった?

あれはまだ終わってないですね。だって岡崎の机の中にもありますし、女子高生の間で流通していますから。

 

つまり貞子は陽一から離れただけであって根本は何も解決してないんでしょう…

 

リングシリーズのつながりは

リングって思い返したら貞子などたくさんの作品が出ています。今作は前作の正統派続編となっています。

 

まとめ

気になるリングの続きというか続編映画がこちらになります。前作はただの恐怖だったのにいつの間にか科学的な話になり…

2作目のこちらに関してはほんとに誰もついて行けなくなったりします。

 

これより分かりにくいものが別作品で前作の正統派続編のらせんになります。こちらもいずれご紹介します。