ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】フォルトゥナの瞳 あらすじ、ラストネタバレ結末ストーリー原作紹介。最後の選択は?泣けるラブストーリー

【映画】フォルトゥナの瞳

f:id:k_pe_0325:20190211185150j:image

僕には君の運命が見える

 

あらすじ

幼少期に飛行機事故で家族を失った【木山慎一郎】(神木隆之介)は、友人も恋人も作らず仕事のみに生きてきた。しかしある日、「死を目前にした人間が透けて見える能力」―フォルトゥナの瞳―を持っていることに気づき、生活が一変してしまう。自分の力に苦悩する日々の中、偶然入った携帯ショップで【桐生葵】(有村架純)に出会う。明るく、自分に夢や自信を与えてくれる彼女に心惹かれていき、孤独だった慎一郎の人生に初めて彩りが生まれる。互いに惹かれ合った2人は幸せな日々を過ごしていくが、それもつかの間、突然街ゆく人々が次々と透け始めてしまう。そして、ついには葵までもが― 

 

「人は朝起きてから夜寝るまで9000回何かを選択している―」(劇中より)
愛する人の“死の運命”が見えた時、慎一郎は何を選択するのか。
心震えるラストが待ち受ける―

映画『フォルトゥナの瞳』公式サイトより

 

予告

 

監督、キャスト

監督

三木孝浩

→代表作 僕等がいた、ぼくは明日昨日の君とデートする

 

キャスト登場人物

木山慎一郎
: 演 神木隆之介
事故で家族を失って以降、仕事ひと筋に生きてきた青年。ある日、死ぬ直前の人間が透けて見える「フォルトゥナの瞳」を手に入れてしまう。


桐生葵
: 演  有村架純
初めて慎一郎が愛した女性。「フォルトゥナの瞳」を手に入れたことで苦しむ慎一郎の心の支えとなる。


金田大輝
: 演  志尊淳
慎一郎が勤務する「GARAGE ENDO」に勤める青年。仕事はできるが、社長に気に入られている慎一郎を快く思っていない。


宇津井和幸
: 演  DAIGO
「GARAGE ENDO」の常連客。


植松真理子
: 演  松井愛莉
かつて「GARAGE ENDO」に勤めていた慎一郎の同僚。


黒川武雄
: 演 北村有起哉
慎一郎の主治医。「フォルトゥナの瞳」を手に入れてしまった慎一郎に助言をする。


遠藤美津子
: 演  斉藤由貴
:遠藤哲也の妻。慎一郎を陰ながら見守る。


遠藤哲也
: 演  時任三郎
慎一郎と金田が勤務する「GARAGE ENDO」の社長。仕事ひと筋に生きようとする慎一郎を気遣う。

 

 

感想

なんとなく見る前からラストが想像できるようなそんな気がしながらあまり期待せずに試写会に参加しました。

 

いい意味で予想を裏切られました。でも映画を見ながら有村架純が演じる葵が、何かしら関係があるのがチラチラ見え、ちょっとそこは…,ってかんじでした。多分短い映画に詰め込まなければいけなかったので、チラチラ見せて観客を納得させようと言うやつなのだと思います。

 

小説は文章なので何度も見返してラストを噛み締めることが出来ますが、映像はその数秒で記憶に刻み込まなければいけないので、いろいろ解説っぽく途中途中に伏線を張り巡らせるのだなあと。

 

この映画最後の最後に小説みたいに事実をいれられれば、シックスセンスみたいになったんじゃないかと思えますけどね。

シックス・センス Blu-ray

シックス・センス Blu-ray

 

 

簡単なストーリーネタバレ

ラストシーンに触れてるので見たくない方はまとめまで飛んでください

 

慎一郎は家族を失って以来、フォルトゥナの瞳というそろそろ死ぬ人間が透けて見えるようになる。

 

その能力は人のために使うにはリスクが大きく、同じ能力を持つ人に人の運命を変えるということは、全て自分の命を削る行為だと教わります。

 

慎一郎には職場に好きな人がいましたが、その人を職場のお客さんに奪われます。そしてその好きな子は悲しい運命に合います。

 

慎一郎は自分が止めてればと後悔をしますが、後の祭り。そんな中、携帯ショップで葵という女性に出会います。2人は惹かれ合いつきあい始めますが、慎一郎の目に葵が透けて見え始めます。

f:id:k_pe_0325:20190212111321p:image

葵を助けたいがために焦る慎一郎。そして不思議なことにある電車の中の人もうっすら透けて見え始めました。

 

慎一郎は、この電車に乗ってる人達が何かしらの事故に巻き込まれて死ぬことを予想しました。そして同じ電車に乗る葵だけでも助けようと思いますが、そんな選択は出来ませんでした。

 

行動を起こした慎一郎は事故を最小限に抑えます。そして事故に巻き込まれている葵は自分もフォルトゥナの瞳を持っていることを告げます。

 

たくさんの命を救った慎一郎はそのまま息絶えます。世間では事故を起こした人として言われていますが、葵だけは知っていました彼の勇敢さを。

f:id:k_pe_0325:20190212111459j:image

 

フォルトゥナの瞳

フォルトゥナの瞳

 

 

 

原作との違いは?

原作は百田尚樹さんのフォルトゥナの瞳

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)

フォルトゥナの瞳 (新潮文庫)

 

百田尚樹先生といえば、少し前に映画化した永遠のゼロなどが有名な先生です。

 

映画と原作の大きな違いはラストのシーンですね。

原作では葵はフォルトゥナの瞳を持ってることを誰にも告げません。小説の最後に全てが終わったあとに葵視点に変り、実はフォルトゥナの瞳をもっていて、慎一郎の最後もわかっていたと述べています。

 

映画では慎一郎に自分がフォルトゥナの瞳を持っていたことを告げています。

 

これだけでだいぶ印象が変わりますね。原作も素敵な言い回しが多いので個人的には映画よりずっとずっと原作が好きだったりします。機会がある方はぜひ読んでみて欲しい作品です。

 

ロケ地、撮影場所は?

この映画舞台は横浜などの関東の設定ですが、撮影されたのは関西地方なのです。

主に奈良県と兵庫県です。

 

主に目撃情報やロケをしていた場所が

1. 榛原駅
2. 橿原神宮駅
3. ガスト大和新庄店
4. つつじが丘公園
5. 済生会中和病院
6. 神戸市須磨区小寺町1丁目付近
7. auショップ甲子園南店
8. 奈良公園

になるみたいです。

このページに綺麗にまとめてあるので気になる方は見て見てください

映画「フォルトゥナの瞳」ロケ地12選!撮影は関西圏を中心に行われていた!|kossy-no-movie-log

 

まとめ

国民的俳優神木隆之介さんと国民的女優の有村架純さんのダブル主演映画です。

 

このブログではたくさん端折って紹介しているため、是非劇場で演技のうまさや、風景、会話の間など見てほしいです。

 

2人や脇役の演技に吸い込まれるように映画があっという間に終わります。

 

この選択は果たして正しかったのか、見て終わった私たちにも問いかけて来るような映画です。