ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録です。ネタバレ有りです。映画のストーリーから生活のあれこれまでゆとり視点でピックアップ!

【映画】七つの会議 あらすじやネタバレ感想、豪華キャストに池井戸潤原作のスカッと爽快映画

【映画】七つの会議

f:id:k_pe_0325:20190201150455j:image

映画『七つの会議』公式サイトより

正義を、語れ。

 

 

あらすじ

都内にある中堅メーカー・東京建電。営業一課の万年係長・八角民夫(野村萬斎)はどこの会社にもいる、所謂“ぐうたら社員”。
トップセールスマンである課長の坂戸宣彦(片岡愛之助)からはその怠惰ぶりを叱責されるが、ノルマも最低限しか果たさず、定例の営業会議では傍観しているのみ。
絶対的な存在の営業部長・北川誠(香川照之)が進める結果主義の方針の元で部員が寝る間を惜しんで働く中、一人飄々と日々を送っていた。
ある日突然、社内で起こった坂戸のパワハラ騒動。そして、下された異動処分。訴えた当事者は年上の部下、八角だった。北川の信頼も厚いエース・坂戸に対するパワハラ委員会の不可解な裁定に揺れる社員たち。
そんな中、万年二番手に甘んじてきた原島万二(及川光博)が新課長として着任する。会社の“顔”である一課で、成績を上げられず場違いにすら感じる原島。
誰しもが経験するサラリーマンとしての戦いと葛藤。
だが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた……。

映画『七つの会議』公式サイトより

 

予告

 

監督、登場人物(キャスト)

監督

福澤克雄

 

登場人物(キャスト)

東京建電

宮野和広(橋爪功)    →社長

村西京助(世良公則)→副社長
北川誠(香川照之)    →営業部長。
稲葉要(赤井英和)    →製造部長。
飯山孝実(春風亭昇太)  →経理部長。
河上省造                       →人事部長。
坂戸宣彦(片岡愛之助)→営業第一課課長。
原島万二(及川光博)   →営業第二課課長。
加茂田久司(勝村政信)→経理課長。
佐野健一郎(岡田浩暉)→カスタマー室長。
八角民夫(野村萬斎)   →営業第一課係長。
伊形雅也                         →人事部課長代理。
新田雄介(藤森慎吾)    →経理課課長代理。
浜本優衣(朝倉あき)    →営業第一課。
 

淑子(吉田羊)                   →八角の元妻

ねじ六 

三沢逸郎(音尾琢真)      →4代目社長。 

三沢香(土屋太鳳)     →社長の娘。

トーメイテック 

江木恒雄(立川談春)

ゼノックス

徳山郁夫(北大路欣也)→社長。
梨田元就(鹿賀丈史)   →常務取締役。
田部(木下ほうか)       →副社長。

f:id:k_pe_0325:20190202101059j:image

映画『七つの会議』公式サイトより

 

 

感想、評価

池井戸潤らしい映画!って感じでした。

監督は福澤克雄さんです。代表作としては

 

祈りの幕が下りる時 Blu-ray 豪華版

祈りの幕が下りる時 Blu-ray 豪華版

 
下町ロケット -ディレクターズカット版- DVD-BOX

下町ロケット -ディレクターズカット版- DVD-BOX

 

が有名ですね。

主にドラマ作品が多く今までの池井戸潤作品の実写化にも何かしら携わってきたかたです。

 

映画の感想は俳優陣がすごくて圧巻でした。俳優たちの演技に飲まれるってこう言うことかってなります。

 

掛け合いのシーンはこちらが息を飲んでしまいます。

 

水戸黄門のようないい事はいい!悪いことは許されるべきではない!っていうのが徹底していておもしろかったです。やはり、半沢直樹を彷彿とさせる展開劇でした。

 

簡単なストーリーネタバレ

会社の営業部門で居眠りをするような男八角。周りからも奇異な目で見られており、年下上司にパワハラをされたと訴えます。

しかし、その上司の課長は厳しいが熱血漢。成績も優秀でその訴えが受け入れられるとは思ってませんでしたが、いとも簡単に降格左遷になるのでした。

f:id:k_pe_0325:20190202130554j:image

その後その課長の地位に着いたのは万年2番手だった原島でしたが、おかしいと思い、秘密裏に八角のことを調べます。発覚は昔までは営業部の部長と張り合うくらいの実力者だったことがわかります。

 

課長が左遷された後に、どう考えてもおかしいような取引があります。が、そのことには誰もふれないのです。唯一そのことに触れた経理部の人物はあっという間に左遷されてしまいます。

 

このことに係わっているのは全て八角でした。余計に疑問を深める原島は調べます。いろいろあり、協力関係になる八角と原島。

 

そのなかでネジの強度不足がわかり、当時取引先を決定をしていたのは左遷された課長でした。つまり、全課長は不正をしていたのではないかと思われます、が、上層部全てを巻き込んでの不正なのではないかと思われます。

 

その不正は日本のどこにでも使われているネジだったためそのことが分かると会社や親会社を揺るがすことになります。

 

八角はこの事実を公表するという約束を以前いなくなった課長と約束をしていましたが、その約束は反故され、それに怒り親会社に直訴します。

 

そして部長、全課長、社長までもが行っていた不正だということがわかります。

f:id:k_pe_0325:20190202130658j:image

そしてマスコミにもリーク。会社は残務整理のみになるような会社におちぶれてしまうのです。しかし、だからこそ、救われたことが多くあったのでした。

 

まとめ

俳優陣の演技力とジェットコースターのようなストーリー展開で楽しめます。

 

水戸黄門のような展開が好きな人スカッと爽快映画好きな人にはオススメです。

 

社会の悪を浮き彫りにして、ダメなことはダメだと教えてくれるそんな映画です

 

七つの会議 (集英社文庫)

七つの会議 (集英社文庫)