ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

アナベル/死霊館シリーズ時系列で全作品順番に並べてみた【公開順】

死霊館シリーズって皆さんご存知ですか?

 

 

死霊館シリーズって?

死霊館シリーズ(しりょうかんシリーズ)は2013年に脚本家のチャド・ヘイズとケイリー・W・ヘイズが創始したホラー映画のシリーズである。超常現象研究家のエド&ロレイン・ウォーレン夫妻(英語版)が遭遇した事件を題材にしている。

Wikipediaより

 

ほぼ実話を元に映画を作ってるため妙にリアルです。しかし、このシリーズ作品数が多いのです…

 

現在5作品公開されており、公開が決定してる予定作品は2作品ほどあるみたいです。

 

死霊館シリーズの公開順

 

1.『死霊館』2013年
2.『アナベル 死霊館の人形』2014年
3.『死霊館 エンフィールド事件』2016年
4.『アナベル 死霊人形の誕生』2017年
5.『死霊館のシスター』2018年9月21日

⒍    『ラ・ヨローナ~泣く女~』2019年5月10日

6.『アナベル 死霊博物館』2019年9月20日

 

この順番で見たらいいのかと言うと、この作品時系列がバラバラなんです…。なので死霊館を見たら、既にアナベル人形が意味ありげに登場していて、何だこの人形ってなります。

 

 

死霊館シリーズの時系列

 

①死霊館のシスター

死霊館のシスター(字幕版)

死霊館のシスター(字幕版)

 

1952年ルーマニア。修道院で修道女が自死。キリスト教徒にとって最大のタブー“自死”をなぜ修道女が選んだのか謎が残ります。

バチカンは信頼の厚いバーク神父に調査を依頼します。そしてその助手として修道女見習いのアイリーンが指名されます。

2人が謎を追うと修道院に隠された秘密と悪魔のシスター❛ヴァラク❜にたどり着く。

 

 

②アナベル 死霊人形の誕生

1955年娘を亡くした夫婦が娘に会いたいがために降霊術をする。しかし、呼び出したのは悪魔だった。悪魔を部屋に閉じ込め封印した。しばらくし、夫婦は孤児院の少女達を引き取る。しかし少女の手によって封印は解かれ少女達の身に不可解な現象がおこり始める。

 

 

③アナベル 死霊館の人形

アナベル 死霊館の人形(字幕版)
 

1970年アナベル人形の誕生から12年、妊娠中のミアは夫からアンティーク人形のアナベル人形をプレゼントされる。その人形はあのアナベル人形だったのだ。ミアと赤ん坊の身に不思議な現象がおこ始めるのだった。

 

 

④死霊館

死霊館(字幕版)

死霊館(字幕版)

 

1971年、ペロン一家がとある家を購入し引っ越してくる。しかしその家には不思議な現象が多発して一家は怯えるが、引っ越す資金すら残っていない。藁をも掴む気持ちで、心霊研究家であるウォーレン夫婦に除霊を頼む。ペロン一家に潜む謎とは何だったのか。

 

このときアナベル人形がロレイン夫妻の元へあります。そして毎回意味ありげにでてきます。

 

⑤アナベル 死霊博物館

f:id:k_pe_0325:20191015152134j:image

1972年、アナベル人形をウォーレン夫妻は自宅に持ち帰り、コレクション・ルームに保管することにした。アナベル人形の保管場所には聖杯が配置され、神父による祈りの儀式も定期的に行われており、警戒は十分だった。

ある日の夜、ウォーレン夫妻は用事のために外出することになり、娘のジュディをベビーシッター(メアリーとダニエラ)に預けた。ジュディから「コレクション・ルームには危険なものがいっぱいある」と聞かされていたにも拘らず、ダニエラはある目的のために部屋に足を踏み入れた。ダニエラがコレクションに触れた結果、それらに宿っていた邪悪な力が目覚めることとなった。しかも、ダニエラはアナベル人形の封印を解いてしまったのである。

 

 


⑥ラ・ヨローナ~泣く女~

ラ・ヨローナ ?泣く女?(字幕版)
 

1973年.マリアという女性は美しい美貌でしたが夫は若い女と不倫をします。それを知ったマリアは子供を連れて川で心中。幽霊となったマリアは子供たちのかわりを探し続けている

 

⑦死霊館 エンフィールド事件

1997年。イギリスのエンフィールド地域のシングルマザーと子供4にんの住む家でおこった事件。ウォーレン夫妻が事件の究明に向かう。その家で亡くなったという老人の幽霊がポルターガイストを起こしているのかと思われたが実は…

 

 

エド&ロレイン・ウォーレン夫妻って?

実在する御夫婦で、日本で言う心霊研究家のご夫婦です。

妻のロレインには霊能力があり、関わった事件を書籍化したりしていました。

なので映画化された話は一応実体験を元にしてつくっているそうです。

(オーバーに再現してる部分も映画だからあります)

 

この御夫婦が経営するオカルト博物館には今まで出会った事件のものなど多くが展示されています。

 

アナベル人形も展示されています。実物のアナベル人形はとても可愛らしい見た目です。

f:id:k_pe_0325:20181124021914j:image

アナベル人形と共に写るウォーレン夫妻

 

夫婦が登場する映画

死霊館

死霊館エンフィールド事件

アナベル 死霊博物館

このふたつに大きく関わり、事件の解決に大きく関係しています。

 

ほかの作品では冒頭や終わりの部分、名前だけなどが多数です

 

 

まとめ

死霊館シリーズは公開日順にみるより、時系列で見た方がストーリーもすんなり入ってきます。

公開日順にみたら、アナベル??となりますから。

シリーズは新作制作も決定してますし、これからどんどんにんきになっていきますね!!

これからの展開に目が離せませんね。

このシリーズが現在のホラーの金字塔を立てて欲しいものです。