ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】呪怨【ネタバレ】

【映画】呪怨 【ネタバレ感想】

 

呪怨 劇場版

 

あらすじ

ある日、介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳は、寝たきりの老婆・徳永幸枝の様子を見るためその家を訪れた。理佳は何か不気味な雰囲気を感じつつも家の中へと入っていく。悪臭が漂い物が散乱する中を進み、一階の薄暗い部屋で幸枝を発見する理佳だったが…。数日前、幸枝の息子・勝也が帰宅すると妻が倒れていた。この家に引っ越して以来、一家は不吉なことに見舞われ続けていた。やがて勝也の妹・仁美が不審に思いこの家にやって来るが、どこか様子のおかしい勝也に門前払いされてしまう。これを機に、仁美にも不吉なことが憑きまとうようになり…。

allcinema ONLINEより
 

予告

引用元

 

感想

この映画はホラー映画好きなら何度も見たことあるんじゃないでしょうか。私も子供の頃から何度も見てうひぃーと怖がってます(笑)

我が家は両親が怖いもの好きで小さい頃から見続けてるので怖いものは怖いけど好きというよく分からない家庭です(笑)

 

それでも小さい頃は怖いもので2階に行くのも怖くて兄についてきてもらうものの、兄がぼそっと「伽椰子」とかいって走って下まで逃げるんですよね。それをきいて大号泣しながら兄を追いかけるって言うのがルーティンでしたね。

 

 呪怨2はこちら!

 

www.pepe0325.work

 

 

 

ストーリー感想

 

呪怨…強い怨念を抱いたまま死んだモノの呪い。
それは死んだモノが生前に接していた場所に蓄積され、「業」となる。
その呪いに触れたモノは命を失い、新たな呪いが生まれる。

 

理佳

女子大生の理佳は福祉センターでボランティアをしています。センターの人に頼まれ、連絡が取れなくなった人の代わりに徳永幸枝の元へいくことになりました。徳永家につくと家は荒れており、家の中も物が散乱してました。

幸枝は家にひとりで同居の家族の姿も見えず、布団などを汚していたため理佳はいそいで部屋の片付けと幸枝の介護をします。

 

掃除をしながら2階に行くと押し入れにガムテープがしてあり、その中に傷だらけの子供と猫が閉じこめられていました。理佳は急いでセンターに電話し指示を仰ぎ、上司が来るまでに男の子に名前を聞きました。男の子は「俊雄」と答えるだけでした。

 

幸枝の様子を見に1階にいくと、幸枝の上に黒い影が乗っかっており、それを見て理佳は気絶するのでした。

 

これだけでビビりますよね。演出がビビらせに来すぎです。そりゃビビります、情けない声も出ます。でもこれはまだまだ序の口という。

 

勝也

勝也は徳永勝也といい、理佳ででてきた徳永幸枝の息子です。最近、家を買い家族で越してきたばかりですが、夜中に幸枝が走り回ってると妻の和美から言われます。

環境が変わって落ち着かないんだろうと流す勝也に寝不足の和美は納得いかない顔をするのです。

 

和美が日中家のソファでウトウトしているとまた走る音がし、ビックリして目を覚まします。またゆきえの仕業だと思い、目の前に座ってるゆきえに注意をしようと立ち上がると聞こえるはずのない後ろから走る音がし、和美はびっくりします。そして俊夫の霊に取り憑かれ気絶します。

 

勝也が帰宅すると2階のベッドに横たわる和美を見て、頭痛がし、自分ではない何かになったような気がします。そして俊雄の霊を見て勝也もまたおかしくなります。その姿は、以前住んでいた佐伯家といういっかで不審死をした家族の夫の姿にそっくりなのでした。

f:id:k_pe_0325:20181031190205j:image

引用元Yahoo映画

 

勝也の妹である仁美が訪ねてきても直ぐにおいだし、その後連絡が取れなくなります。そして屋根裏で勝也と和美の遺体が見つかるのでした

 

仁美

仁美は親である幸枝と兄であるかつやと連絡がつかず留守電にゆきえの様子を伺う電話をします。

帰り道トイレに入ると謎の黒い影を見て怖くなり守衛のところまで行き、トイレの様子を見てもらうように頼みます。そして様子を見に行った守衛のことを監視カメラ越しに見守ります。しかし、守衛が黒い影に飲み込まれていくのを見て逃げ出します。

 

家に着き怖くなり家中の電気をつけます。すると家の電話に勝也から今来てるから玄関を開けて欲しいと電話がきます。兄からの電話で嬉しくなり急いで玄関を開けますが、そこには誰もおらず、電話から奇妙な音がし、電話を投げ捨て部屋に引き戻します。電話線を抜きテレビをつけ布団に入りこみます。

しかし突然テレビの画面が乱れアナウンサーの女性の顔が歪みます。そして突然テレビが切れます。仁美は怖くなり布団に潜りますが何かに足を引っ張られたと思ったら、女の例に引きずり込まれるのでした。

f:id:k_pe_0325:20181031194258j:image

引用元Yahoo映画

めっちゃ有名なシーンですよね。布団の中と電気という安全神話を見事に壊されましたからね。これで。この罪は重いと思っています(笑)

 

遠山

理佳から連絡が来たセンターの上司は徳永家を訪れ、呆然としている理佳と死んでいる徳永幸枝を見つけます。警察が駆け付け、徳永夫婦に連絡をつけるため携帯電話を鳴らすと家の天井裏から着信音がし、夫婦の遺体が見つかります。

 

理佳は大事をとって病院にいます、そこに刑事がやってきて、状況を聞こうとします。理佳は男の子俊雄を見たと言い、彼の無事を訪ねますが、徳永家には子供はいないと告げられます。

 

刑事は徳永家の前に住んでいた佐伯一家不審死事件を担当した遠山を訪ねます。遠山にはいづみという娘がいます。協力を頼まれた遠山は仁美が行方不明になった日のトイレの監視カメラ映像を見てくれと頼まれます。

 

守衛を黒い影が飲み込んだ後、黒い影がどんどんカメラに近寄ってきます。そのあとカメラの画面が真っ黒になり不審に思った時に、目が写り混みます。

f:id:k_pe_0325:20181031225211j:image

引用元Yahoo映画

 

それを見た遠山は一目散に逃げ帰り、あの呪われた家を燃やさなければならないと思います。自宅に帰り灯油を持って行きばらまいて火を点けようとした際、2階から物おとがします。あたりが明るくなり、そこには高校生になったいづみがおり、友達を置いて帰るところでした。遠山は2階に行き、ほかのいづみの友達を見つけ不審に思ってると彼女たちは激しい叫び声を上げ消えたと思ったら、あたりは真っ暗になり

ガタンッ!!

と音がし伽椰子の幽霊が這いずりながら近寄ってきます。

遠山は落ちるように1階に逃げたところで刑事達が入ってきます。刑事たちも階段から這いずりながら降りてくる伽椰子に気付き腰を抜かします。

遠山はそのまま助けに来た刑事を置いて逃げ帰ってしまいます。

f:id:k_pe_0325:20181031230110j:image

引用元Yahoo映画

 

もうこの辺からおしっこチビりますよね(笑)恐怖の数が異常。休む間もなく伽椰子と俊雄がバンバン出てきます。幽霊なのに隠れる気がないです(笑)

 

いづみ

女子高生になったいづみ(遠山の娘)は修学旅行の帰りに肝試しとして空き家になった徳永家を訪れます。いづみは恐ろしくなり友人3人を置いて帰ります。その日から3人は行方不明になりました。

修学旅行の写真が出来上がって学校に張り出された時、いづみの写真がないことに気づき、2人の友人(行方不明になった3人とは別)は先生に言います。

 

その頃からいづみは不登校になります。2人の友人はいづみが写った写真を先生から受け取り、いづみの家を訪れます。

やつれた母親が出迎え、部屋に向かうとカーテンを締め切り、部屋にとじこもるいづみの姿がありました。

そして2人にあの日友人3人を置いて帰ったことを告白し、半狂乱になります。友人二人はその姿を見て帰ります。帰り道現像された写真を見ると行方不明の3人といづみの目が黒く塗りつぶされてるのに気づき、写真をばらまき逃げ帰ってしまいました

 

いづみは夜、仏間に行くと死んだはずの父がおり、何か言いたげにいづみを見たあと仏壇の中に消えていく。

その後部屋に戻ると窓の外から行方不明の友人3人がこちらを睨みつけており、いづみは急いで部屋から逃げ仏間に行く。が、友人は追いかけてきており、後ずさりながら仏壇のほうへいく。すると仏壇の中から伽椰子が出てきいづみを引きずり込むのだった。

f:id:k_pe_0325:20181101100334j:image

引用元Yahoo映画

 

これもなかなか怖いですよね。いづみの父親である遠山は自殺したことになってるらしいのですが、死んでも伽椰子から逃れられてないってことが遠回しに分かりますもんね。いづみも父親同様あの家に人を置いて帰っているので、同じ結末なんでしょうね。

 

伽椰子

理佳は社会人となりセンターで介護士として働いていました。久しぶりに会う友人真理子と会う約束をします。真理子は学校教師になっており、不登校の子供がいると久しぶりに会った理佳に愚痴ります。そのとき、理佳は机の下で俊雄の霊を見てしまい、叫んでしまいます。

様子のおかしい理佳だったので、真理子は理科を家に帰らせます。

 

その晩理佳のもとへまりこから電話がきます。不登校の家の子ところへ家庭訪問へ来ていると。両親がおらず、困っているところだと報告します。すると電話の向こうから、猫の大きな鳴き声がし、電話が切れます。理佳は聞き覚えがありました。あの家に真理子がいると。

 

急いであの廃墟へ向かいます。玄関を開けるとそこには、まりこの靴があります。部屋には誰も住んでる気配はないくらい荒れているのに…

2階から物音がし、急いで向かいます。すると押し入れから天井裏へ引きずり込まれるまりこの姿が見えます。追いかけ屋根裏に向かおうとすると、屋根裏の奥から血濡れの伽椰子が這いずり出てきます

f:id:k_pe_0325:20181101131900j:image

引用元Yahoo映画

 

玄関横の鏡にを通ると自分ではなく伽椰子が写った気がし、理佳は足を止めます。そして今までの現象は指の隙間から見ていたことだと気が付きます。指の隙間から鏡越しの自分を見ると、かやこの姿が見えました。

驚愕した理佳は急いで逃げますが階段から伽椰子が這いずり降りてきます。

もうダメだと手で目を覆ったそのとき、指隙間から普通の伽椰子の姿が映るのです。

f:id:k_pe_0325:20181101133137j:image

引用元Yahoo映画

その時に今までのことが蘇ります。伽椰子はずっと私に取り付いていたと。伽椰子が行ってきたことが全て脳裏に流れます。

すると先程までいた伽椰子の姿はなく、代わりに2階から物伽椰子の夫が降りてくるのでした。

 

屋根裏からは死んだ理佳の遺体が見つかるのでした。

 

 

最後までびっくりするくらい伽椰子と俊雄です(笑)でも初めて見た時は怖くてこわくて。

今見ても怖いんですけどね。伽椰子は最後にどうして理佳に自分の追体験をさせたのか謎です。呪怨って怖すぎる割に、ストーリーは謎が多く残りますよね。こわくて謎どころじゃなくなって後々なんでだ?と思っちゃいます。

 

全ての元凶は伽椰子なのか、夫なのか。ほんとに謎が残る分、いろいろこうさつできますよね。

 

 

 

呪怨 劇場版

呪怨 劇場版

 


まとめ

呪怨についての感想とストーリーでした。この作品こそが呪怨という作品で日本をホラーの渦に巻き込んだと言っても過言ではありません。

 

どう足掻いても絶望的なストーリーでどんどん進んでいきます。どこか不穏で違和感がありまくりのなか進んでいくのは見ている側も不安になりより一層怖さを引きたててくれます

 

 

ビデオ呪怨から時系列などの考察やまとめはこちら