ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】着信アリ ファイナル あらすじからネタバレ結末考察。ラストを解説!美々子は消えたのか

【映画】着信アリ ファイナル

着信アリ Final

終り。

 

 

あらすじ

高校の修学旅行で韓国に行くことになった草間えみり(黒木メイサ)は、インターネットで知り合った韓国人の男友達アンジヌ(ジャン・グンソク)に会えることを楽しみにしていた。そんな中、旅行の最中にクラスメートの携帯から聞き覚えのある着信メロディが流れ出す。それは鳴れば必ず死に至る、あの“死の着メロ”だった。

 

予告

 

キャスト

堀北真希
黒木メイサ
板尾創路
チャン・グンソク

 

感想

シリーズ作品の最終作品です。前作と前々作はこちら

これは映画館に見に行き怯えまくった作品なので印象深い作品です。ラストの学校でのシーンは思わず顔を隠しながらみた思い出です。

 

今までの着信アリとは違って人間の欲や汚さを最大限に表現した映画だなって。

生き残るために転送するか、友達のために生き残るか。そんな感じです

 

ある意味いじめっ子達は自業自得なんじゃないかって思っちゃうんですよね。パムをいじめてた因果応報というか。いじめしてたやつも、取り合わなかった先生も、見て見ぬふりしてたやつもみんな同罪って。

 

ラストのパソコンをクラッシュさせよう!みたいなノリは少しやりすぎじゃない?ってそんなに日本と韓国とかだけではメール集まらないでしょ!ってなりました(笑)オチというのでは前作2作がすきでした。救われたようでどこか救われてないという。今作もたしかに救われたけど救われてないんですけどね。

 

ストーリー展開的には最後までなら本当によく出来てるなあと思います。人間の汚い部分の表し方など。だからこそラストが惜しいんです。こうして欲しいとかは思いつかないからこれが丸く収まる方法だったのかなあ。

 

美々子に関してはまだまだ猛威を奮って欲しいし、ずっとずっと恐れられる存在でいて欲しい

 

もっとファイナルだけあって美々子を見たかったなあと。彼女の過去や成長を取り上げてまた新作出ないかなあとずっと思ってたりしてます。もう少し怖さがあれば日本を代表する幽霊になれたのではないかなあと(笑)

 

ストーリーネタバレ

深夜の高校でいじめられっ子こ松田明日香は一人の少女の首吊りを眺めています。そして飼育小屋でいじめられているニワトリを抱き上げます。すると死の着信音が自殺した少女の元から流れます。明日香はその携帯を開くと「転送スレバ死ナナイ」と書いてあるのでした。

f:id:k_pe_0325:20190626165438j:image

 

明日香なんていなかったかのように学年の修学旅行が始まります。行先は韓国。みんなで連絡が取り合えるように高校から携帯電話の支給がありました。

 

明日香は自室でパソコンを触りながらパムに話しかけます。クラスメイトはパムが首吊りした日には怯えてたけど次の日から普通に過ごしてたそんなの許せないと隣に座るパムに話しかけますが、隣の椅子は空席です。いないはずのパムに向かって明日香は一生懸命話しかけます。

 

クラスメイトが船の中ではしゃぐ中死の着信音が鳴り響きます。みんなこんな着信音知らないと驚きます。携帯の持ち主はアズサでした。留守電には街の喧騒と共にあずさの叫び声が入っていました。そしてメールには首を吊ったアズサの写真が添付されていました。

f:id:k_pe_0325:20190626165550j:image

 

それを見てみんなパムと同じじゃないとはやし立てます。パムの呪いだと盛り上がりますがどこか気持ち悪さもありました。草間えみりはは友達の真理と船内を歩いていると真理の元彼がみのりと歩いてるのを見つけ、みのりから誘ったんだと怒っていました

 

韓国に到着した一行はこれから始まるウォークラリーについて説明を受けます。えみりは手話交流会であった韓国人男性のアン・ジヌをみつけ微笑みます。アンは耳が聞こえず聾唖学校で働いていました。えみりとは手話で話します。

 

ウォークラリーをしている最中、アズサは友達と別れ不機嫌そうです。どんどん路地裏に入ると昨日の電話で聞いた音と同じ環境だと思った瞬間、アズサの首にロープが巻き付きアズサを引きずり首を吊る形になり、アズサは死んでしまいます。そして口からは赤い飴玉が落ちてくるのでした

 

その状況を明日香は自宅のパソコンで見ながら満足そうにしていました。そして次の犠牲者を選ぶのでした

f:id:k_pe_0325:20190626170652j:image

輝也に着信音が入ります。メールの件名は転送スレバシナナイでした。それに気がついた輝也は道のポスターに送ろうとしますが、打ったと同時にアドレスが消えていく送れませんでした。そのままトイレに行く輝也でしたが携帯画面に自分が写っており、未来の自分の姿でした。その姿を見ながら真似するようにトイレから出ると電柱の電線が千切れ、輝也の首に巻き付き感電死しました。

 

2人の死によりクラスは大混乱でした。パムの呪いだと怯えています。その頃友香の元へ着信が入ります。そんなもの嘘だよと友人二人に励まされます。携帯を折ってもまた復活して呪いは本物だと怯えます。適当な誰かに転送を勧めますが誰にしていいか友香は悩みます。友人の瑞江が早くしろと言い言い争いになり、咄嗟に瑞江に転送してしまいます。すると瑞江はベッドの下に引きずり込まれ中からは骨の砕ける主が鳴り響き、友香は泣きながらそれを見守ります

 

えみりは明日香の携帯に電話しますが、明日香はわざと電話を取りません。今までずっとシカトしてたくせにと怒りを露わにする明日香でした

 

その頃担任の木部先生が生徒達の携帯電話を集めていました。呪いなどふざけたこと言うからと言い嫌がる生徒達から携帯電話を奪っていきます。集める理由は自分の元へ転送されたくなかったからでした。

 

えみりはずっと電話を明日香に掛け続けます。明日香はやっと応答し、本当に応答した明日香に驚きながら本人か確かめます。

 

ねぇ、えみり、ニワトリのつつき順位って知ってる?脊椎動物は狭い場所に閉じ込められると、弱いものをつつくの。そしていちばん弱いつつく相手のいないニワトリは地面を1人でつつくの。人間も同じだと思ってたの。弱いものがつつかれるんだって。でも人間は違う。弱いからつつかれるんじゃない。つついてたヤツらだっていつつつかれるわからないもの。人間につつく理由なんてない。誰でもいいんだ。自分の身を守るためなら友達だって恋人でも親でも兄弟でも。人間は誰でもつつき殺せる!!!

 

そう言うと明日香は電話を切りました。意気消沈するえみりにアンが寄り添います。そしてアンは韓国でも同じことがあったといいます。そして1人のバイオリニストの話をしました。恋人を死の着信で亡くした彼はその音を二度と聞かないようにと自分で自分の耳を聞こえなくしたと。

 

同じ頃徹が死の着信音がなりクラスメイトからクローゼットに閉じ込められ、そのまま息絶えました。

f:id:k_pe_0325:20190626165703j:image

 

アンとえみりは死の着信について調べ美々子にたどり着きます。あの着信音は昔はやったものと同じでした。2人がインターネットで調べている時に真理がやってきます。えみりはもう一度明日香に電話します。そして徹が死んだと嬉しそうに言う明日香にどうして遠くにいるのに知っているのか訪ねます。今までシカトしてたくせ今度は質問攻め?と怒ります。そして真理に変われと怒鳴ります。

 

真理が電話に出ると「転送スレバシナナイ」と一言言うと真理の携帯から死の着信音が鳴り始めました。私何もしてないじゃないと泣きながら言う真理に明日香は「みんな同じなんだったね。いじめてたニワトリも笑ってたニワトリも、ただ見ていたニワトリも、みーんな死ねばいいって」と言い、電話を切りました

 

真理はえみりが余計なことするから!と怒鳴り部屋から逃げていきます。2人は真理を追い洗濯場にやってきました。そこには怯える真理の元カレと洗濯機の中で息絶えるみのりの姿がありました。元彼は人殺しと真理を罵ります。

f:id:k_pe_0325:20190626165720j:image

 

するとえみりの携帯に明日香から電話が入ります。真理はえみりに転送するかと思ったのにと残念そうに言います。えみりだったら誰に転送するの?と嬉しそうに言います。私は辞めてもいいけどパムは辞めないってといいます。パムはまだ死んでないよ、パソコン見ながら次は誰にしようか考えてるよと嬉しそうに言います。そして電話が切れました

 

アンはえみりと明日香のことを聞きます。アンは明日香とパムが別人だと思っていましたが、実は明日香=パムでした

 

えみりがいじめられているのを助けた明日香は次のターゲットになり壮絶ないじめにあっていました。そしてスパムメール略してパムと呼ばれるようになりました。そしてあすかは深夜に学校で首吊り自殺をしました

 

アンが明日香の霊がやっているのかと聞きますが、明日香は死んでいないと言います。発見が早く、意識不明でずっと病院にいると。さっき電話に出たのは意識が戻ったからではないかとえみりは言いました。しかし病院に確認の電話をすると明日香は未だ意識不明の状態でした

 

その頃担任の木部先生は未だに生徒達から携帯を奪って歩いていましたがすでに着信を貰っていた楓が先生に転送した結果、先生はエレベーターの中で心臓を抉り抜かれた状態で発見されます。生徒達はその姿を見ても直ぐに我先にと自分の携帯を取り返します

f:id:k_pe_0325:20190626165732j:image

 

すると今度は男子のいじめられっ子新一の元へ着信が入ると皆が目の色を変え新一を追いかけます。部屋に閉じこもった新一に怒鳴るもの、懇願する人など多数でしたが、新一はいじめっ子に転送し、彼は口からニワトリの羽を吐き息絶えました、

 

アンは美々子と明日香が共鳴している。その元はパソコンだと言いパソコンに大量のメールを送りクラッシュさせたらどうかと言いますえみりは明日香に電話し、自分に送るように言います。

 

その頃クラスメイトやアンはネットカフェなどを利用してる若者に声をかけ、明日香のパソコンにメールを送るように頼んで回ります。するとどんどんメールが入るようになりました

 

そしてえみりの携帯には死の着信音が流れています。明日香は病院で目覚め自宅に帰ってきます。パソコンを見ると自分が共鳴していたとはいえ行ってきたことを悔います。するとパソコンの画面にえみりが写ります。ふたりはいままでのことを謝ります。すると部屋が暗くなったと思ったら明日香は高校の教室にいました

 

教室では明日香が殺したクラスメイトたちの怨霊たちに出会い命からがら逃げ出します。そのころえみりも明日香を思うあまり、高校にいました。

 

あすかは教室で喘息で苦しむ美々子を見つけ、背中を摩ります。そして暗闇に消えようとしたところ、えみりが辿り着きます。えみりは美々子に私で最後にしてと頼むと美々子は赤い飴玉を差し出します。えみりが口に入れようとしたとき、あすかの部屋のパソコンがクラッシュします

 

美々子は苦しむように消えていきました。ふたりはそれぞれの場所で目覚めました。えみりの携帯に鳴った死の着信も終わったと思い安心していました。

 

アンはバイオリニストでした。ずっと悔やんでいました。最後にえみりに届いたメールを自分に転送していました。ホテルから出たアンはえみりの前で血を吹き出しながら死んでしまいました。えみりはただただ泣き叫ぶことしか出来ませんでした。

f:id:k_pe_0325:20190626165743j:image

 

えみりはショックから口を閉ざし車椅子に乗っています。それを押す明日香。2人は海をそっと見つめるのでした

 

着信アリ Final

着信アリ Final

 

 

 



 

考察

結構辻褄が合わないというかどうしてみみこが現れたのかなどを私流に考えていこうと思います

 

美々子と明日香の共鳴

どうしてこの2人は共鳴してしまったのでしょう。今までの共鳴例をみると何かしら心に闇を抱えている場合が多いです

 

1作目の由美は虐待

2作目の孝子は妹の死

ファイナルの明日香はいじめ

 

でも最初2作品の共通点は死の着信です。明日香にそういうものが来たようなのは見られません。

でも明日香の自殺が死の予告電話によるものだったら。その時点で美々子との共鳴が完了していたのではないかなあと。肉体は動かずとも、霊体になってまで成し遂げたかった復讐劇なのかと。

 

そうじゃないと美々子が明日香を探せないし、共鳴も出来なかったのかなあと。

 

アン・ジヌはどうして死んだのか

バイオリニストはアン・ジヌだったとして、彼はずっと後悔して生きてきたと思われます。

 

バイオリニストは恋人に死の予告電話がかかってきて、代わりに応答したら恋人が死なずにバイオリニストが死ぬ。でも勇気が出ずに恋人を見殺しにしてしまった。もうあの着信音を聞かなくて済むように耳を潰したということでしょう。

 

ずっと後悔していたからこそ、えみりに送られてきたメールを自分に転送してえみりを守ることにしたんでしょう。

 

美々子は消滅したんじゃなくて、明日香との共鳴を解いただけだったんじゃないかなあと。だからまたどこかであの着信音がながれるんじゃないかなと。じゃないとアンが死んだ理由に説明はつかないし、赤い飴玉がでたのかと。

 

えみりの最後

車椅子で明日香との約束の海にきていましたね。えみりは言葉を発さずに海を見つめています。

 

ボーイフレンドの死が目の前で起き、それが自分のせいだとそうなるのかなあとは思いますが、やはりそれまでの友人達の死も関係あるのだと思います。元はいじめられっ子でも修学旅行では仲良さそうに過ごしていました。

 

その死に間接的に関わっていたとも言えるのですから。えみりを庇ったせいで明日香はいじめられ、自殺未遂。原因を作ったのはえみり自身です。もしあの時なにか声をかけていたら…などとえみり自身も後悔していました。

 

ある意味の原因を作ったえみり。学友達は何人も死に、殺し合うように転送したりしてしまっていました。友達だった真理も転送したことによって人殺しになっています。

 

クラスメイトたちは因果応報のように死の着信に踊らされました。えみりも因果応報という意味では自分にしっぺ返しをされたのではないでしょうか。

 

それを自覚したからこそあそこまで病んで壊れてしまったのではと思わずには居られないのです。

 

明日香は完璧な復讐劇を終え、親友であるえみりと過ごせる時間に幸せを覚えているんじゃないでしょうか

f:id:k_pe_0325:20190626212512j:image

 

まとめ

着信アリシリーズの完結編です。美々子は消えてないと私は思ってます。あんなに人々を苦しめたのにパソコンのクラッシュで消滅なんてしそうにありませんよね。

 

きっとどこかでまた着信がなっているんじゃないでしょうか

 

最後の作品は人間の恐ろしさと因果応報でしたね。ニワトリのつつき順位みたいなことをしていたらいつか自分にしっぺ返しをされるという意味では本当に恐ろしい作品です。

 

登場人物ほぼ悪い奴らなのであまり心が痛まなかったのが寂しいなあと。

 

ファイナルだけあってびっくりするシーンはましたのではないでしょうか。