ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】ハクソーリッジ あらすじからネタバレ結末 沖縄戦での実話 殺さず助けた兵士

【映画】ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ(字幕版)

世界一の臆病者が、英雄になった理由とは

 

あらすじ

第2次世界大戦中、デズモンド(アンドリュー・ガーフィールド)は、人を殺してはいけないという信念を持ち、軍隊に入ってもその意思を変えようとしなかった。彼は、人の命を奪うことを禁ずる宗教の教えを守ろうとするが、最終的に軍法会議にかけられる。その後、妻(テリーサ・パーマー)と父(ヒューゴ・ウィーヴィング)の尽力により、デズモンドは武器の携行なしに戦場に向かうことを許可され……。

 

 

予告

 

キャスト

アンドリュー・ガーフィールド
サム・ワーシントン
ルーク・ブレイシー
テリーサ・パーマー
ヒューゴ・ウィーヴィング
レイチェル・グリフィス
ヴィンス・ヴォーン

 

感想

前々から気になっていた作品でしたが、第二次世界大戦が舞台ということしかりませんでした。予告でもハクソーリッジの戦いとは言っていますが舞台が日本だとも思っていませんでした。

 

いざ見てみるとハクソーリッジは日本の沖縄でした。日本の本土上陸作戦の沖縄でした。ハクソーリッジの戦いはほんの一部分でしかないのですが、その部分でも緻密にリアルに描いていました。

 

先頭のシーンがリアルを通り越してほんとにおこってるんじゃないかとおもうくらいリアルで驚きました。日本兵の何も恐れることも無く突撃してくるシーンや銃撃戦、切腹シーンなど。監督がしたいこと全部詰め込んだんじゃないかと思うくらいでした。

 

日本ではキリスト教を信じられていないので十戒を言われてもピンと来ませんが、アメリカだからこその事なんだろうなあと。

 

現在日本でもあの戦争を知ってる人で語る人も少なくなってきています。それは日本だけではなく世界にも言えることだと思います。だからこそこういった作品は大切にしていかなければならないと思っています

 

父親のトムを見ながら、あぁ戦争はここまで人を変えるんだと思いました。勝ったとしてもた犠牲になった兵士やそれを見た兵士、家族には大きな傷が残り続けるんだろうなあって。

 

正直なところやりすぎ感はあった気もします。あんなに日本兵がおってきてるのに機関銃片手で応戦出来ないでしょとか、それでもデズモンドという男性の勇気や行動を表すのにはよかったのではないかなぁと。自分の命を危険に晒そうとも人の命を助け続けた人です

 

今の時期だからこそ見ていただきたい作品です

 

ストーリーネタバレ

凄まじい戦争の映像と戦う兵士たちと敗れゆく人達の姿が移される。

 

デズモンド・ドス少年は兄弟のハルと仲良く、よく2人で駆け抜けて遊んでいた。大きな岩を登ったりして2人仲良く遊んでいた。ある日2人は兄弟喧嘩で取っ組み合いをしていました。

 

父親のトムはお酒を飲んでおり、喧嘩を止めてという母親の言葉を無視してやらせておけばいいといいます。2人の喧嘩が白熱し、デズモンドは近くにあったレンガで思いっきりハルの頭を殴ってしまいます。見た途端両親は慌ててハルを家の中に入れ治療します。

 

父親はデズモンドを殴ろうとしますが母親がそれを止めます。ハルはなんとか一命を取りとめます。母親はキリスト教についてデズモンドに教えこみました。人を殺すのは大罪だと。2人は自室でそのまま眠ることになりましたが、階下からは父親と母親が喧嘩をし、父親が母親に暴力を振るう声が響き渡っていました。それを聞いてハルは「父親が憎い」とぽつりと言うのでした

 

母親は戦争に行く前のトムを見せてあげたいと言います。トムは第一次世界大戦に出兵し、それからおかしくなり、お酒を飲み続けるようになったのだと言います。

 

それから15年後、すっかり大人になったデズモンドはたまたま事故にいた人を助け、輸血をします。そこにいた女性ドロシーに一目惚れします。

 

ある夕飯時、ハルは軍隊に入隊するといい隊服を着てきます。それを見て父親のトムは怒ります。ハルはお国のために働くんだといいます。トムはそんな綺麗なものじゃないと。内蔵をまき散らして死んだ奴もいると。それでもハルは入隊を曲げませんでした

 

ドロシーに熱烈にアタックし続け無事ふたりはデートにたどり着き、愛し合うようになりました。ドロシーの働きぶりや、国全体が戦争に向かっていくことによって、デズモンドも兵に行くことを決意しました。

f:id:k_pe_0325:20190813231107j:image

Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

 

出兵する際、ドロシーは聖書と自分の写真をデズモンドに渡します。デズモンドはそのまま訓練が始まります。しかし過去に人を殺さないと誓いを立てたデズモンドは銃を握りません。ハウエル軍曹に軍曹に「敵を前にしてもお前は銃を握らないのか」と聞かれても握らないと言い切るのでした。

 

何度も上官に叱られても握りませんでした。それは衛生兵になるために人を殺さずに助けるためにでした。彼は事前の検査で「良心的兵役拒否」と診断は下っていました。

 

デズモンドは臆病者とみんなに罵られてもそれを変えることはしませんでした。しかし上官はデズモンドが銃を握らないからと言って仲間全員にもペナルティを科します。それを恨んだものから夜にボコボコに殴られリンチされても、誰にされたとも報告はしませんでした。

f:id:k_pe_0325:20190813231206j:image

Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

 

みな一通りの訓練をおえ一時帰宅できる休暇をもらいました。それはデズモンドもおなじで、ドロシーと結婚式を挙げるつもりでした。しかし直前に軍の偉い人が乗り込んでき、銃の訓練を受けていないから、反抗的な態度として投獄されてしまい、結婚式すら挙げられませんでした。

 

デズモンドを説得するということで大尉はドロシーを連れてきていました。これから軍法会議にかけられるデズモンドです。すると兵役は認められず里にかえるしかありません。当時の若者はみんな軍に入るのが当たり前で兵役に行かなかったものはそのまま心を病んで自殺するものまでいました。

 

軍法会議かけられるまえ、父親のトムは第一次世界大戦の時の軍服に身を包み軍の偉い人達の元へいきます。その後デズモンドの軍法会議に乗り込み「良心的兵役拒否は法律にも認められている。宗教上の理由から銃を握らないのは認められる」と上層部の許可をとってきたのでした。はれて、デズモンドは衛生兵になれると認められたのでした

f:id:k_pe_0325:20190813231132j:image

Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

 

 

その後デズモンドたちの部隊は日本の沖縄のハクソーリッジ(鋸岳)に派遣されます。直ぐに落とせると思った場所でしたが、何日もかかってもその先には進めていませんでした。ハクソーリッジは断崖絶壁でそこを上ると日本兵が待ち構えていて、ものすごい執念で追ってくるそうです。

 

崖から運ばれてくるのは死んだ同士と怪我を負った者達ばかりでした。先に行っていた部隊の衛生兵2人からデズモンドは衛生兵の腕章は外せと言われます。日本兵達は1番に衛生兵を狙ってくると。

 

米軍の海の艦隊からたくさんの艦砲射撃を打ってもらい、デズモンドたちの部隊はハクソーリッジを登ります。上にはアメリカ兵も日本兵の遺体がたくさん転がっていますがあまりに静かでした。1歩ずつ足をすすめると突然銃の乱射が始まり、たくさんの仲間が死んでいきました。

 

デズモンドはモルヒネや包帯で戦場に倒れる仲間たちを治療していきました。それでも間に合わないくらいに死傷者がでます。

 

時間がたちあたりが暗くなってくると一時休戦となります。部隊たちは戻らず上に野営をして進んだ位置を後退しないように守ることになりました。デズモンドは其の夜仲間に昔父親の暴力が凄かったことを言いました。自分が殴られるのは耐えられたが、母親が殴られるのは耐えられなかったと。銃を握り殺そうと思ったと。それでもデズモンドは殺しはしませんでした。父親も苦しんでいるのがわかっていたからでした。それ以来絶対に銃を持たないと神に誓ったのでした

 

翌日から昨日の先頭より激しい戦闘が始まりました。日本兵達は打たれるのも恐れずアメリカ兵達に「バンザイ!!」と言いながら突っ込んできたからでした。銃を持って戦うアメリカ兵たちは距離を詰められたら撃つことが出来ず、凄まじい戦場となりました。あるものは軍曹を守ろうとして撃たれ、ある者は手榴弾をもち突っ込んで来た日本兵に吹き飛ばされたりしました

 

f:id:k_pe_0325:20190813231245j:image

Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

 

 

艦砲射撃も始まり、アメリカ兵は一時撤退を余儀なくされました。しかしデズモンドはハクソーリッジの上に残りまだ生きている仲間達を探し続けました。崖の上からロープを使い負傷兵を下ろし続けました。見回りをする日本兵から逃げ、塹壕に入った時、傷ついた日本兵がいましたが、デズモンドはモルヒネを撃ち、包帯を巻きました。

 

息のあるものは日本兵であろうとアメリカ兵であろうと崖の下に下ろし続けました。すると下にいたアメリカ兵たちは誰が?と思っていましたが助けられた兵士がデズモンドがやっていると言いました

 

負傷し残っていた日本兵から追われながらもハウエル軍曹すらも助け出しました。そしてデズモンドも下へおりました。クローヴァー大尉は今までの非礼を詫び、臆病物なんかではないとデズモンドに告げました。

f:id:k_pe_0325:20190813231331j:image

Summit Entertainment / Photofest / ゲッティ イメージズ

 

休息をした後、デズモンドは再びハクソーリッジにいきます。しかし手榴弾を蹴り、仲間を助けた所で、足を負傷して下へ戻らざるおえなくなりました。デズモンドが倒れゆくなか、突撃するものや投降する日本兵や切腹する日本兵もいました。デズモンドはどんなときも聖書だけは手放さず持っていました

 

デズモンドは75人もの人を助けました。良心的兵役拒否のものにしては初めての軍人の最高栄誉である名誉勲章をさずけられました。彼は妻のドロシーが死ぬまで仲良く過ごしたそうです。

 

 

 



考察解説

沖縄戦でのハクソーリッジとはどう言ったものだったかのか等調べていきたいと思います

 

ハクソーリッジってどこ?

沖縄の浦添城跡地だったようです。ハクソーリッジなどのところは嘉数の戦いとも呼ばれ激戦を極めたとされています。日本では前田高地とも呼ばれていたそうです

 

崖は約150メートルほどあるそうで、現在も残っています。

 

日本兵は約6.5万人亡くなったのに対し、アメリカ兵も2.4万人が亡くなった戦いです。塹壕や地下要塞などで身を隠す場所が多く、ものすごい戦いになりなかなか先に進めなかったそうです

 

16日間も制圧にかかったとされています

 

良心的兵役拒否とは?

国家組織の暴力装置、とりわけあらゆる形態ないしは特定の状況下の戦争に参加することや義務兵役されることを望まないこと。当人の良心に基づく信念であり、拒否した者を良心的兵役拒否者という。

Wikipediaより

 

本人の意思なのでそれは曲げにくいということなんでしょう。それを曲げることは強制してはいけないと決まっているようです

 

まとめ

日本視点でなくアメリカ視点での沖縄戦での1部の記録です。ああして人を助けた人もいた。殺すではなく助け続けたデズモンドという人の映画です。

 

戦争についてしりたいのではなく、デズモンドを知りたい人にオススメかもしれません

 

戦争のシーンはリアルすぎるので血が苦手な人にはおすすめできません。

 

沖縄戦でのことを知りたい方におすすめ映画です