ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録ブログです。ネタバレ有りです。映画の考察から解説までゆとり視点で語ります

【映画】キサラギ あらすじからネタバレ結末。アイドルの死は自殺?他殺?密室ミステリー

【映画】キサラギ

キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]

アイドル如月ミキ。彼女の自殺の真相は?

あらすじ

あるビルの一室に、五人の男達がいた。家元(小栗旬)、オダ・ユージ(ユースケ・サンタマリア)、スネーク(小出恵介)、安男(塚地武雅)、イチゴ娘(香川照之)。五人は、一年前に自殺したアイドル、如月ミキのファンサイトの常連であり、一周忌を機に、家元の呼びかけで、顔を合わせることにしたのだ。アイドルオタクの五人は、無名の如月ミキに、早くから目をかけていた。だが、如月ミキは、一年前にマネージャーの留守番電話に遺言めいた言葉を残し、自宅マンションに火をつけて焼身自殺を図ったのである。初めのうちは、なごやかに如月ミキの思い出話に花を咲かせる五人。しかし、話せば話すほど、如月ミキが自殺した理由など思い当たらない。誰もが、如月ミキは、決して自殺のよううな真似をする子ではない、と思っているのだ。遂に誰かが、如月ミキが誰かに殺されたのではないか、と口火を切る。それをきっかけに男達は、真相を知るべく推理を重ねていく。次々と、如月ミキに関する事実が明かされ、その死の謎に迫り始めると、物語は急速にミステリーの様相を呈する。そして、最後に五人は、ある一つの真実に辿り着く。

 

予告

 

キャスト

家元_小栗旬

オダユージ_ユースケ・サンタマリア

スネーク_小出恵介

安男_塚地武雅

いちご娘_香川照之

如月ミキ_酒井香奈子

 

感想

この映画大好きなんです!

豪華キャストっていうのも魅力ですが、話が密室でどんどん展開していくんですよね。だからこそそれぞれの演技が際立つし、なにより面白い!

 

1回見ても飽きずにまた見ようかなって思える作品です。DVDまで買いました(笑)

 

多分舞台とかが好きな人はハマるのではないでしょうか。それくらい回想以外では場所が変わらず話が展開していきます。

 

キャラクター達もそれぞれ個性的です。個性的すぎてビックリしますが、考えたらこんな人いそうだなあとか思えてくるんです。アイドルが好きってだけでこんなに熱くなれるのか!とおもってみたりと見ながらいろんなことを考えさせられます。

 

伏線もすごく、ここがここに繋がるのか!ってへぇ!なるほどぉ!ってなります。それぞれの行動や考えが如月ミキに繋がっており、それぞれの想いがあの事件の夜にあったんだなあと。

 

如月ミキの顔自体はエンディング以外では一切でてきません。だからこそ、見ているこっちもどんな子かなあと想像が膨らんでいき、エンディングで彼女に会えた時は謎の感動が生まれます。

 

地上波では多分いろんな事情で放送はもうされないでしょうが、レンタル店にもあるので皆さんに見てもらいたい作品ひとつです

 

 

ストーリーネタバレ

2007年2月4日、アイドル如月ミキの一周忌、そうしてファンである男性5人がビルの一室に集まりました。

 

5人の参加者は

 

家元_ファンクラブサイトの運営者で自称しがない公務員。如月ミキのグッズなどを多数所持

 

オダユージ_追悼会の発案者。神経質

 

安男_福島から6時間かけてやってきた農家の太った男性。お菓子作りが趣味でこの日もアップルパイを作って持ってきた

 

スネーク_お調子者のムードメーカー雑貨屋の店員として働いている

 

いちご娘_掲示板では女性かと思われていたが実は無職の男性。

 

の男性でした。

 

スネークとオダユージは礼服で来ていました。急いで持っていた礼服に着替える家元。ファンシーな模様までオダユージにイヤミを言われ急いで家元は片付けをしました。しかし、礼服を持ってきていなかった安男は居心地悪そうです

 

みないちご娘が中年男性だったことに驚きを隠せません。そして乾杯をし、会がスタートしました。

f:id:k_pe_0325:20190610182504j:image

 

しかし喪服でなく浮いていた安男は礼服店で買ってくると途中で抜け、4人で会が進みます。家元のグッズを見て盛り上がる4人。収集癖のある家元は非売品や、レアグッズを多数持っており、みなから賞賛されます。そして1番のレアグッズは如月ミキ直筆ノファンレターのお返しでした。偽物だと言われますが、誤字脱字の多さに如月ミキだと認めざるおえませんでした。

 

コピーを欲しがるスネークに生写真と交換なら…と盛り上がりを見せる4人です。いちご娘ともトレードをいいますが、いちご娘は自分でつけたキスマークの色紙と本物かわからないカチューシャしか持っていませんでした

 

如月ミキは焼身自殺と言われており、その原因はデブのマネージャー略してデブッチャーにヘアヌードの仕事を強要されていたからだと4人は悲しみに暮れます。しかしここでオダユージが「ミキは自殺でなく殺されたのだ」と言い始めました

 

ちょうど雨が降り始めた頃に礼服に着替えた安男が戻ってきましたが話についていけず戸惑っていましたが、安男を置いてどんどん話が進みます。

f:id:k_pe_0325:20190610182821j:image

 

如月ミキは仕事がうまくいかずマネージャーの留守電に「やっぱり駄目みたい。私もう疲れた。いろいろありがとう。じゃあね」と遺し部屋中に油を巻き、焼身自殺したとされています。

 

しかしオダユージはミキはそんな人に迷惑をかける死に方をするだろうかと言い、ミキはストーカー被害に悩んでいたと言います。安男は持参したアップルパイで食あたりを起こし定期的にトイレに駆け込んでいます

 

ミキが死ぬ一週間前にストーカーに部屋に侵入され、亡くなったものはなかったものの、部屋が綺麗になっていたとオダユージは言います。情報の出元はデブッチャーだと言いますが、家元はデブッチャーの責任逃れではないのかといいます。

 

そんな情報どこにもなかったと家元は言い、家元は仕事は警察官で資料館勤めで如月ミキのことも調べていました。家元の父親は警視総監なのに家元はそんなに仕事が出来ず職場でいじめられていました。そんな彼の希望になったのが如月ミキなのでした。

 

しかしオダユージは警察が隠蔽したからだと自分の意見を曲げません。そしてストーカー本人に自白させると言い、いちご娘に掴みかかります。いちご娘は如月ミキがハマっていることを自己紹介の時言っていましたが、それは如月ミキ本人しか知りえないことだったからです。そしてストーカーが侵入した時唯一盗まれたものそれはカチューシャだったのです

f:id:k_pe_0325:20190610182608j:image

 

いちご娘はただいつも見守っていただけと否定しますがそれを世間はストーカーというと皆から叱られます。たまたま侵入した日は鍵を閉め忘れて不用心だと思い入り、家の掃除をしたといいます。そして事件の日は外から見守ってただけで、夜二一人だけ如月ミキの元へ訪れる男性の姿を見たと言いました。そして男の影を知りやさぐれたいちご娘は泥酔するほど酒を飲み警察の厄介になったから、容疑者候補からは外れました。

 

突如現れたストーカーと容疑者候補のみきの部屋を尋ねた男性。

 

いちご娘は続けて言いました。如月ミキの部屋を尋ねていたのはモヒカンヘアーのだんせいたったと。すると家元はモヒカンヘアにピンと来てスネークから貰った写真を見ると如月ミキと写っているのはモヒカンヘアのスネークでした。

f:id:k_pe_0325:20190610182600j:image

 

みんなが交際していたのかと問いただすとそれを否定するスネーク。そしてスネークの勤める雑貨屋の常連だったことを告げます。事件当日は取り寄せたものが届いたのでそれを届け、詰め替えセットだったため詰め替えを手伝い、ゴキブリがでたのでそれを退治したお礼にお茶を入れてもらっおり、彼女に好きだと告白したがフラれて帰ったと言いました。

 

そのあと地震が起きたため雑貨屋の片付けを店長としていたためアリバイはありました。そして訪ねたとき大切な人のために誕生日のクッキーを焼いていたと。それを聞いてオダユージが「やっくん」と言いました

 

やっくんとは如月ミキの幼馴染みで初恋の相手でジョニーデップに似ている男がいた事をオダユージが言いましたが、そんな情報どこから?と皆が怪しみ詰め寄ると滝のような汗をかき独特な汗の拭き方をし、それを見たみんなが声を揃えて「デブッチャー!!」といいます。

f:id:k_pe_0325:20190610182534j:image

 

そうです。オダユージは激ヤセした当時の如月ミキのマネージャーでした。オダユージはいちご娘が犯人だと思っていたため、この会合を開くことを提案したと告げました。

 

家元は自分だけが如月ミキと接点がなかったと拗ねてしまいます。そしてオダユージは追い打ちをかけるように家元に如月ミキの目はプチ整形だったと言います。

 

そこへトイレから帰った安男が「僕はプチ整形反対だったんですけどね。」といい、自分は如月ミキの幼なじみだと言います。ジョニーデップにはうしろすがたがにているといいます。そして余計に自分だけ何のつながりも無かったことを悔やむ家元。

 

安男は如月ミキはヘアヌードの写真集なんて嫌がってたと言い、如月ミキが芸能界に入ったのは幼い頃に生き別れた父親を探すためで裸になるためではないとオダユージに言います

 

オダユージはブレイクさせてスターにさせるための話題作りのつもりだったと言いますが、みんなは売れずに引退しても専業主婦ででもいいから生きていて欲しかったと言います。

 

オダユージはその私的に泣き始めてしまい、みんな暗い雰囲気になります。安男は当日電話で話したことはマネージャーの愚痴だったけど途中でゴキブリがでたと言います。スネークはゴキブリを退治できずに退治した振りをしただけだったのです。如月ミキは殺虫剤がなく代わりに洗剤をゴキブリを追いかけ家中に撒いていたと言います

 

やすおとの電話の途中でマネージャーからの電話が入り、切れたためゴキブリがどうなったのかは分からないと安男はいいます。

 

マネージャーとの電話の後にどうしてすぐ気が変わって自殺したのかと疑問に思うみんな。そしてひとつの仮説が経ちました。

f:id:k_pe_0325:20190610185143j:image

 

ゴキブリが殺せず眠気が来て電話をかけたのは安男のつもりが、着信履歴の1番上にあったデブッチャーにだったのではないのか。

 

それならあの遺言は意味が変わってきます。ゴキブリ退治がダメで疲れちゃったという意味です。

 

そして洗剤だと思い撒いていたのは油だったのではないか。スネークが届けた詰め替えボトルに詰めた油を洗剤と勘違いして撒いたのではないか。

 

そしてもう寝るというのは言葉のままで、寝る前にハマっていたアロマキャンドルを炊いたのではないか。そして小さな地震でアロマキャンドルが倒れ床の油に引火したのではないか

 

自殺ではなくおっちょこちょいでドジで運がなかった如月ミキらしい死因なのではないか。皆がそう考えつきました。

 

ポツリといちご娘が「俺がミキの人生を狂わせた」といい、自分の過去を告げます。いちご娘は如月ミキの死に別れた父親で、離婚した自分の原因だと自分を責めますがみな、新事実に驚きを隠せません

 

しかし1つ仮説に謎が産まれました。どうして死んだ場所がクローゼットの中だったのか。

 

いちご娘にクローゼットの中身を聞いたところダンボールがあり、その中には家元から届いたファンレターがぎっしり詰まったいたと。家元に届いた返事にも命より大切なものですと書かれていました。それを彼女は火事に気が付きながらも取りに戻ったのではないか。そこで一酸化炭素中毒で倒れそのまま…

 

安男の誕生日は2月ではなかったため、大切な人は2月5日生まれの家元だったのではないか。ずっとファンでいてくれる家元のことを大切に思っていたのではないか。それを聞いた家元は泣いてしまいます。

 

そしてみんなで来年もまた集まろうといいます。最後に如月ミキのライブ映像をみて終わります

f:id:k_pe_0325:20190610182650j:image

 

一年後新しい人が一人追加され、その人が「如月ミキは殺されたのだ」といい新しい証拠品を出します

 

 

まとめ

密室ミステリーとでも言うのでしょうか、最後はどことなくふんわりとした雰囲気で終わる映画ですが、エンディングが終わったあとにまた見ているこっちがえ?って思わさせる感じがたまりません。

 

それぞれの俳優陣が個性的なキャラクターを際立たせ、笑わせるところは笑えて、泣けるところはしんみりくるそんな映画です。

 

如月ミキというアイドルに人生をかけた男性たち。そんな男性のハートフル?推理映画でした。