ぺぺの映画備忘録

映画の備忘録です。ネタバレ有りです。映画のストーリーから生活のあれこれまでゆとり視点でピックアップ!

【映画】アルキメデスの大戦 あらすじからネタバレ結末。実在した実話なのか考察

【映画】アルキメデスの大戦

f:id:k_pe_0325:20190726104837j:image

これは、数学で戦争を止めようとした男の物語

 

あらすじ

1933年(昭和8年)。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は、世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。だが省内は決して一枚岩ではなく、この計画に反対する者も。「今後の海戦は航空機が主流」という自論を持つ海軍少将・山本五十六は、巨大戦艦の建造がいかに国家予算の無駄遣いか、独自に見積もりを算出して明白にしようと考えていた。しかし戦艦に関する一切の情報は、建造推進派の者たちが秘匿している。必要なのは、軍部の息がかかっていない協力者…。山本が目を付けたのは、100年に一人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂直。ところがこの櫂という男は、数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった。頑なに協力を拒む櫂に、山本は衝撃の一言を叩きつける。「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は、必ず戦争を始める」…この言葉に意を決した櫂は、帝国海軍という巨大な権力の中枢に、たったひとりで飛び込んでいく。天才数学者VS海軍、かつてない頭脳戦が始まった。同調圧力と妨害工作のなか、巨大戦艦の秘密に迫る櫂。その艦の名は、【大和】…。

 

予告

 

キャスト

菅田将暉
柄本佑
浜辺美波
笑福亭鶴瓶
小林克也
小日向文世
國村隼
橋爪功
田中泯
舘ひろし

 

感想

CMから気になってた作品です。あの日本が誇ったと言われている戦艦大和はどうして誕生したのかなど。零戦などが永遠のゼロなどで注目を浴びた中、戦艦大和はどうだったんだろう時になっていました。

 

あの時代にあんな生意気な主人公みたいな人がいたのかは謎ですが…。

 

最初からクライマックスかと思うくらい、戦争のシーンが入ります。たくさんの軍機に撃たれ沈んでいく大和。そこから始まるのです。その大和の出来るまでという映画です。ストーリーはとてもよかったです。スカッと軍部を言いまかしたりします。その分どんどん進んでいく戦争に、その結果を知ってみているからこそ、やるせない気持ちにもなってきます

 

戦争映画というよりはその裏側にいた人にスポットを当てています。戦争というものは悪ですが、それに突き進む日本を止めようと一生懸命もがき続けた人もいるんだと。そして日本を守るために戦艦が必要だったと。あの当時で見ても必要ではなかったと言われている戦艦大和。そして最後は…

あくまで戦争が始まるまでのストーリです。

 

あの時代があったからこそ現代の日本がありますが、それでも絶対に忘れては行けないと思わせてくれる映画です

 

 

ストーリーネタバレ

冒頭、激しい戦火が飛び交い、ひとつの戦艦が集中攻撃を受け沈んで行きます。

f:id:k_pe_0325:20190726172159j:image

映画 アルキメデスの大戦より

 

1933年、日本は欧米列強との対立を深め戦争の足音が聞こえてきていました。海軍の少将である山本五十六はこれからは飛行機も沢山乗る空母の造船、それを守る小型の船作りをしたかったが、軍の上層部は日露戦争の栄光に縋り続け、戦艦が当時活躍したから、今回も活躍するだろうと大型戦艦を作ることを考えていた

 

海軍少将の嶋田繁太郎や造船中将の平山忠道はもっぱらの戦艦派で山本五十六はモヤモヤしていた。そこで嶋田派に見方をつけ内情を聞き出していました。

 

ある日山本五十六は転載的な数学頭脳を持つ櫂直を発見し海軍にスカウトします。しかし櫂は軍が嫌いと言い最初は断りますが、このまま戦艦が出来てしまえば、戦争に突入し何人何万人の人が亡くなる、それを食い止めるのは今しかないと言われ、アメリカ留学を中止し山本五十六について行くことを決意します。

f:id:k_pe_0325:20190726172231j:image

映画 アルキメデスの大戦より

 

山本五十六は空母の造船の費用より、見た目も大きい戦艦の造船費用が安いことに疑問を持ち、櫂とともに建造費用を産出することにしました。

 

しかし邪魔をされたりとなかなか仕事に取り掛かれません。東京近郊の造船所は既に手が回ってるのかどこも協力してくれませんでした。大阪の造船所の社長の大里清を頼るも一蹴されます。大里はかつて財閥と揉め、仕事を干されたこともあり、面倒ごとは嫌でした。しかし財閥の娘である尾崎鏡子が大里を説得してくれ、大里は仕事を引き受けることにしました。

f:id:k_pe_0325:20190726172252j:image

映画 アルキメデスの大戦より

 

そして櫂と山本五十六は建造費の総額を導き出すことに成功しました。そこでやはり平山中将の算出が低いことがわかりました。軍部会議でそこを証明し、戦艦の案はなくなるかと思いましたが、平山中将の低い予算の理由が語られました。

 

軍のお金が大量にかかるということは他国にこれから戦争をします、準備中ですと言ってるようなものだと。だからわざと低い産出にしたんだといいました。それを聞いた海軍大臣は納得し、戦艦を作ることを許可します。

 

今までの努力が水の泡になると思ったとき、戦艦の重大な設計ミスに気が付きそこを言い当てます。その指摘に平山中将は案をとりさげるしかありませんでした。そして大型戦艦の建造は中止になり、航空母艦を作ることになりました

 

戦争をしないと山本五十六は櫂に伝えていましたが、今の状況下では開戦は避けられないだろうと。それをしっていて櫂を騙していました。山本五十六はいまなら真珠湾に攻撃を仕掛ければ大打撃を与えられると軍部会議でいいました。

f:id:k_pe_0325:20190726172405j:image

 

それからしばらくして櫂は戦艦派の平山中将に呼び出されます。目の前には戦艦の模型が置いてありました。櫂はこんなものを作るから戦争へとどんどん突き進むと平山にいいます。平山は違うといいます

 

日本人はどんな戦況にあっても戦い続けるだろうと。国民の士気は下がらないだろうと。だからこそ絶対的戦力の戦艦を作り、敗北を見せることが必要なのだと。それが負けるために必要なのだと。

 

櫂は返す言葉がありませんでした。そして大型戦艦の製作に深く関わっていきます。巨大戦艦は「大和」と名づけられ日本海軍の象徴になりました

f:id:k_pe_0325:20190726172151j:image

映画アルキメデスの大戦より

 

櫂直は実在したのか?

調べてみましても、櫂直という人物はいませんでした。逆に実在したのが

山本五十六、永野 修身、嶋田繁太郎、宇野積蔵、大角岑生です。海軍の重要な役職の人達は実在の人物を使っているようです。その方がリアリティもでますし、聞いたことある名前や知っている人が出るからこそ、歴史的解釈も進むのではないでしょうか。

 

アルキメデスって?

アルキメデスの大戦というくらいなので、アルキメデスってなんだ?と思う方もいるかもしれません。

 

アルキメデスは古代ギリシャの数学者です。たくさんの数学の基礎になることを発見した方です。

つまり櫂は天才的数学者。その彼の戦いと言いたかったのではないでしょうか

 

実話の戦艦大和はどうなったのか

戦艦大和は物語では最初から沈没し、戦争をおわらせるため、国民の士気を下げるために作られました。現実はどうだったのでしょう

 

太平洋戦争の開戦とともに使われ始めました。1945年4月7日に沖縄沖で沈没したそうです。

 

アメリカやイギリスが新型戦艦を作ると危惧した日本は当時の日本の最高技術を使い建造したそうです。しかし映画でもあったように、一部の軍部からは反対されていたそうです。航空戦が増えるのに的を増やすだけだと。

 

それから戦火が増し、最後には沈没ということなんですね。しかし海軍の象徴を失った訳ですから…

f:id:k_pe_0325:20190726194921j:image

 

山本五十六のその後

櫂とともに戦争をとめたいとまで動いた山本五十六。しかし彼自身も戦争はやむを得ないと思っていたようです。

 

真珠湾攻撃を指揮し、成功を収めた山本五十六。

 

彼は戦争中、移動中の飛行機を追撃され亡くなったそうです。彼の移動が傍受されアメリカに丸わかりだったそう。そこを狙われジャングルに落ちて亡くなったそうです。その後国葬をされたみたいです

 

まとめ

菅田将暉さんの凄さがわかる映画でした。そして戦争を絶対にするべきではないと思わされる映画でした

 

終盤まではスカッとする展開なのに大和と日本のその後を知ってるからスカッとしつつも、虚しい気持ちになります。戦争が始まったことは描かれていないのに想像ができるんですよね。大和を作ったことによって進んでいく未来を。

 

日本について考えさせられる映画です